体験しました「シャンパーニュの夕べ」

カテゴリ:協力会事務局 投稿者:editor

名古屋市美術館で開催中の「シャガール 三次元の世界」展の関連イベント「シャンパーニュの夕べ」を体験しました。
◆受付
当日は、美術館2階・講堂入口の受付で参加料5,000円を支払い、関係資料と観覧券1枚、シャンパン引換券2種・各1枚が入った透明ビニールの手提げ袋を受け取りました。イベント開始まで資料を眺めながら、講堂内で暫しの休息。
◆展覧会の見どころ解説
 午後5時から、深谷副館長による「展覧会の見どころ解説」が始まりました。深谷副館長によれば、「シャンパーニュの夕べ」は「ランス美術館展」の関連イベントとして開催したのが初の試み。幸いに評判が良く、今回、2回目となる「夕べ」の開催に至ったとのことでした。
◆ギャラリートークと自由鑑賞
 午後5時半に1階の展示室へ移動。展示室内で絵画と彫刻の《誕生日》、《座る赤い裸婦》、《彫刻された壺》などについてギャラリートークがあり、その後は自由鑑賞。午後6時には2階の展示室に移動。《エルサレム〈嘆きの壁〉》、《過越祭》、《アルルカン》、羊の骨を素材にした《二重の横顔》、《ヴァヴァの肖像》などについてのギャラリートークの後、自由鑑賞となりました。
◆シャンパンと軽食のサービス
 午後6時半頃には展覧会の鑑賞を終え、地下1階のロビーに移動。ロビーでは数か所にテーブルが置かれ、テーブルごとに8つのプレート。各プレートには一人分の軽食とおつまみが盛り付けられ、参加者は机・プレートを一つ選ぶことができます。
自分の机・プレートを決めて一杯目のシャンパンを賞味。イベントに協力の「株式会社ヴァンパッシオン」がシャンパーニュ・ジャクソン(Champagne Jacquesson:小売価格10,000円)を細長いフルート型シャンパングラスで提供。「少しずつ口に含んで、味わいながらお楽しみください。」というアドバイスに従いジャクソンを飲み終えた頃、二杯目のエグリ・ウーリエ(Domaine Egly Ouriet:小売価格12,000円)の提供が始まりました。こちらは、広口のクープ型シャンパングラスに注がれ、「グラスを水平にゆっくり回し、香りを楽しんでください。」とのアドバイス。
ペンネやソフトドリンクの提供も始まり、ケーキなどのデザートも出ました。気が付くと午後7時半。「シャンパーニュの夕べ」は続いていましたが、ほろ酔い気分で美術館を後にしました。
◆感想など
 解説がわかりやすく、ギャラリートークと自由鑑賞の時間配分は半々で、存分に展覧会を楽しめました。閉館後のイベントですから、まさに「貸し切り」。贅沢なひと時が味わえます。シャンパンと軽食のサービスも、普段は「飲食禁止」の地下1階ロビーを使うのですから、これも「スペシャル・タイム」。いま流行りの「コト消費」を満喫しました。
 ただ、「発展途上」のサービスもあります。一回目の時は、「食べ物がない」という参加者が居たとか。今回は各参加者に一つプレートがあるので、安心して食べることができました。なお、チケットをすでに持っている方からは「チケットを持っているのに、何で観覧料まで払うの?」という声もあがりました。
また、会場では「ペンネがアルデンテじゃない。」「シャンパンに合ったおつまみにして。」などの声も聞かれました。次回はどんな進化を遂げているか、楽しみです。
Ron.

「没後40年記念 中村正義をめぐる画家たち」

カテゴリ:協力会事務局 投稿者:editor

現在「ランス美術館展」が開催されている名古屋市美術館。地下1階の常設展示室3では「常設企画展 没後40年記念 中村正義をめぐる画家たち」が開催されています。
展覧会では中村正義(なかむら・まさよし 1924~1977)を中心に、同郷・同時代の画家・星野眞吾(ほしの・しんご 1923~1997)と平川敏夫(ひらかわ・としお 1923~2006)、中村正義を師と仰いだ・水野朝(みずの・あさ 1945~ )と岸本清子(きしもと・さよこ 1939~1988)の作品が展示されています。

◆対照的な作風
星野眞吾、平川敏夫、中村正義、水野朝、岸本清子の順で作品が並んでいます。前半は暗く陰鬱な作品、中村正義《男》、《女》からは明るくポップな作品。前半と後半の違いがはっきりしていて、面白い展示でした。
内容も前半では、互いに影響し合いつつ、それぞれの道を模索しており、切磋琢磨ぶりが伺えました。後半では、ともに「中村正義を師と仰いだ」といっても、「弟子」と「私淑」の差が感じられました。
水野朝《中村正義先生と私》、岸本清子《Erotical Girls (エロチカル ガールズ)-菊》を比べると、「14歳の日本画教室で中村正義と出会い、以後正義が没するまで18年にわたり交流を続けた(作家紹介)」水野朝は、中村正義先生の教えを守る作家。「県立旭丘高校の美術科に入学するが、この頃中村正義に出会う。その後多摩美術大学で日本画を学び、在学中から荒川修作、赤瀬川原平らとともにネオダダの運動に参加(同)」した岸本清子は、直接の手解きをうけた期間は短いものの、中村正義の活動を見続けた作家というところですね。

◆最後に
水野朝の作品、名古屋市美術館で見た記憶がないのですが、出品リストを見ると全て「個人蔵」と書いてあります。この展覧会のために借りてきた作品のようですね。「出会えてよかった」と、思いました。
「ランス美術館展」の鑑賞券で入場できますから、お帰りにどうぞ。また、常設企画展だけなら大人300円で入場できます。会期は12月3日(日)まで。
10月29日(日)14:00~15:30には、名古屋市美術館講堂で深谷克典副館長の作品解説会が開催されるとのこと。先着順・入場無料なので是非とも聴講したいですね。
Ron.

平成29年度名古屋市美術館協力会総会

カテゴリ:協力会事務局 投稿者:editor
総会風景

総会風景


 気持ちよい晴天のもと、平成29年度名古屋市美術館協力会の総会が行われました。今年は会長以下の役員および会員が20名集まり、平成28年度の活動を振り返り、また29年度の活動について話し合いました。
今年度の秋の旅行について説明する松本理事

今年度の秋の旅行について説明する松本理事


真剣な様子の会員たち

真剣な様子の会員たち


 途中会員から名古屋市美術館が行っているゆめプレミアムアートコレクションについて質問などが出て、現在の活動状況などが事務局から回答されました。最後は和やかな雰囲気のなかお開きとなり、続いて美術館カフェでの懇親会へ。会員みなさんもビールと美味しいお料理で盛り上がりました。
総会から一転、懇親会へ

総会から一転、懇親会へ


退職して京都市美術館へ移られた山田学芸員も駆けつけてくれました

退職して京都市美術館へ移られた山田学芸員も駆けつけてくれました


お酒も入り、ゴキゲンな会員のみなさん

お酒も入り、ゴキゲンな会員のみなさん


なにやら真剣に議論する会員も

なにやら真剣に議論する会員も

「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」

カテゴリ:協力会事務局 投稿者:editor

「これはいったい何だろう。」と、2017.3.1付中日新聞で紹介された展覧会(以下「本展」)が始まりました。会場は名古屋市美術館。記事にあった「何を描いたものか理解しようとするより、子どものように理屈抜きで見る方が楽しめるかもしれません」という名古屋市美術館・笠木日奈子学芸員の言葉を参考にして、見てきました。
◆アール・ブリュット(Art Brut「生の芸術」、outside art)の先駆け
本展は日本で初めての、スイスの美術家アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)の本格的な回顧展です。ヴェルフリは、専門な美術教育を受けていない人による芸術「アール・ブリュット」を代表する作家で、31歳の時に統合失調症と診断されて精神病院に入院し、後半生を過ごしました。本展には、病院で描かれた膨大な作品の一部、74点が展示されています。
◆「これは何だ」:驚きの根気と集中力
 最初の展示は1904~1905年の作品。どれも、74.5×99.6cmの白紙の新聞用紙全面に顔や、装飾帯、文字を鉛筆で描き、これでもかというくらいまで埋め尽くしたものです。鉛筆の線は、ほぼ同じ太さで丁寧に描かれており、装飾帯や線で囲まれた所は、細かい格子模様や斜線、点、短い線などを描きこんだり、様々な濃さで塗りつぶしたりしています。きっと、1枚仕上げるのに相当な時間と労力を要したことでしょう。その根気と集中力には驚くばかりです。
また、大画面であるのに、画面構成が破綻していません。作品を描く前に、そのイメージが頭の中に完成しており、ヴェルフリは何の迷いもなく、そのイメージを黙々と紙に定着させたのではないでしょうか。たぶん、描かずにはいられなかったのでしょう。
中日新聞の記事のとおり、「これは何だ」と、作品に目が釘付けになります。ただ、長い時間見ていると頭がクラクラしてきますね。
◆色鉛筆がキレイ
 1910~1912年の『揺りかごから墓場まで』のシリーズ以降は、色鉛筆も使われたカラフルな作品になります。色鉛筆の発色がキレイなので、安物ではないと思います。また、五線譜ではなく「六線譜」に音符を描いた楽譜も登場します。
◆芸者の写真のコラージュも
 1917~1919年の『歌と舞曲の書』や1929年の『葬送行進曲』のシリーズは、雑誌などに載っている写真のコラージュの周囲に額装を模した装飾を施し、余白を文字や記号で埋め尽くした作品です。日本の芸者や長火鉢を前にして座る日本女性をコラージュした《芸者-お茶と小笛〔小煙管〕》やアンディ・ウォーホルでお馴染みのキャンベル・スープの缶詰をコラージュした《無題(キャンベル・トマト・スープ)》など、どれもセンスの良さを感じさせます。
◆ブロートクンスト(パンのための美術)
 最後の展示は、色鉛筆やタバコと交換したり、病院の職員や来訪者に売っていた絵です。売り物だっただけに、「これなら買ってもいいかな。」と感じました。
◆最後に
 絵描きを職業とした人の作品ではありませんが、アルタミラ洞窟の壁画のような芸術性を感じます。ヴェルフリの作品を保存管理する財団があることにもびっくりしました。
 3月19日(日)の協力会ギャラリートークでの笠木学芸員の解説が楽しみです。
Ron.

「回生の苗床」 光内惟奈 燃やせないもの 夢見たものは 展示室で解説を受ける会員たち プティパレ まずはエントランスホールでの解説 2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない