豊田市美術館「ジャコメッティ展」ミニツアー

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor

豊田市美術館で開催中の「ジャコメッティ展」(以下「本展」)のミニツアーに参加しました。参加者は19名。1階の講堂前で待ち合わせ、豊田市美術館の千葉学芸員から約30分の解説を聴いた後は自由観覧でした。

千葉学芸員のレクチャー(要旨)
 ジャコメッティは、スイスのイタリア語圏生まれの人。20歳でフランスに出て、フランスで活躍したが、スイス国籍は変えなかった。スイス人が誇りとする芸術家。本展では、南仏のマーグ財団美術館の収蔵品を中心に、日本の美術館の収蔵品も加えて展示している。
ジャコメッティの父親は、スイスを代表する印象派の画家。父親はキャンバスにうまく収まる大きさでリンゴを描くのに、ジャコメッティが見えるとおりに描くと小さくなってしまう。丁度よい大きさで描けないため、画家ではなく彫刻家を目指したという話がある。
ジャコメッティは当初、キュビズムやアフリカ彫刻に影響を受け、シュルレアリスム運動に参加したこともあったが満足できず、1935年頃からモデルを使った彫刻を試みるようになる。だが、困ったことに作品がどんどん小さくなってしまう。本展で展示している《小像(女)》(メナード美術館)は、台座も入れた高さが3.3㎝。小さすぎる作品には「すぐ壊れるため、残せない」という大きな問題があるため、ジャコメッティは、作品の高さを1mに維持しようとする。高さを維持すると、今度は、細く・薄い作品になってしまった。なお、細いけれど、胸・腰にはボリュームがあるという作品もある。
 「見えるものを、見えるままに」が、ジャコメッティのキーワード。ディエゴ(弟)、アネット(妻)、矢内原伊作(やないはら・いさく:1918-1989、友人)の像だと、モデルに似ているものもある。ジャコメッティの作品は「細くて、写実的ではない」と思われているが、リアルなもの、抽象度の高いもの等、様々。
ジャコメッティは彫刻家を選んだが、晩年にはドローイングにも回帰。ドローイングでは、顔に集中して手が入っている。ジャコメッティのドローイングは、リアルなもの、小さなもの、細長いもの等、様々だが、枠取りをして描くという特性がある。ジャコメッティは「枠取りした空間の中に、人物をどう配置する」に関心を持っている。本展では、枠取りしているもの、枠取りのないものを並べて展示しているので、比べてほしい。
展示室1の「14.チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト」で展示している作品は、銀行から依頼されたものの実現しなかったプロジェクトで、マーグ財団美術館の庭に展示されている彫刻。油絵具で彩色されたが、風雨に晒されて色が落ち、古代遺跡のような存在感がある。美術館の中庭に置かれている作品なので本展でも自然光の入る展示室1に置いた。
20世紀の彫刻は抽象彫刻が多く、人体を表現する作品は少ない。ジャコメッティの彫刻は、古代彫刻から続く流れに乗ったもの。
本展では展示室のサイズに対応して展示している。そのあたりも楽しんでください。

自由観覧
◆観覧順路
 本展は、いつもとは逆に3階の展示室4が入口で、展示室3、展示室2と見てから2階の展示室1に下りて展示室5で終了という順路になっています。16のセクションで構成されていますが、千葉学芸員が解説されたように、作品リスト順ではなく「展示室のサイズに応じた展示」なので作品リストの配置図と見比べながら鑑賞することをお勧めします。

2017_ジャコメッティ_1

2017_ジャコメッティ_1


◆展示室4
 展示室4は三つの部屋に分かれています。
最初の部屋は「7.マーグ家との交流」。本展の展示作品を所蔵するマーグ財団美術館の創設者であるマーグ夫妻の肖像画とともに高さ21cmの《裸婦立像》(富山県美術館)と高さ167cmの《大きな像(女:レオーニ)》が展示されています。2つとも別のセクションに属しますが、ジャコメッティが「細長い彫刻」を始めた転換期の作品であり、マーグ夫妻がジャコメッティの作品の購入を始めた頃の作品でもあることから、ここに展示しているのでしょう。
なお、マーグ夫妻の肖像画はいずれも普通のプロポーション。マーグ夫人の肖像は、千葉学芸員の解説にあった「枠取りした絵」です。また、「顔の部分は、修正のため、何回も絵の具を塗り重ねているので盛り上がっている。」と、同行の参加者に教えてもらいました。
二つ目の部屋は「1.初期、キュビズム・シュルレアリスム」。1911年制作の《葛飾北斎《うばがえとき》模写》(神奈川県立近代美術館)は、10歳頃の作品とは思えない出来。作品リストでは「8.矢内原伊作」のセクションなので、矢内原伊作がジャコメッティから貰ったのでしょうね。
この部屋の作品は、1917年制作の《シモン・ベラールの頭部》を始め「細長い彫刻」とは別物ばかり。《カップル》、《女=スプーン》、《キューブ》など、「細長いスタイル」を確立するまでの作風の変化を楽しめました。
最後の部屋は、「2.小像」と「3.女性立像」。「2.小像」では作品の高さが23.5cmから3.3cmに至るまで、どんどん縮む様子が面白く、「3.女性立像」ではマーグ夫妻の肖像画と同様に、デッサンやエッチング、リトグラフでは普通のプロポーションというのが印象的でした。また、千葉学芸員が解説されたように、女性立像には、「細く・薄い像」と「細いけれど、胸・腰にはボリュームがある像」との2種類あることが確認できました。

◆展示室4から展示室3への連絡通路
展示室3から展示室4に向かう連絡通路には2階の展示室1を見下ろす窓があり、通路の両側には写真が展示されています。写真はジャコメッティが粘土で作品を制作している姿を撮影したもの。制作しているのは、展示室1に展示している「14.チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト」の作品。窓から展示室1を見ると、写真と実物との比較ができます。
写真で面白かったのは、粘土が付いてズボンやジャケットが汚れることを全く気にせず、作品の制作に夢中になっているジャコメッティの姿でした。

◆展示室3
展示室4は「4.群像」と「13.ヴェネツィアの女」。「4.群像」では、同行の参加者から「《3人の男のグループ(3人の歩く男たちⅠ)》は、彫刻を一回りするように見ると、3人の男たちが歩きながらすれ違っているように見えて面白いですよ。」と教えてもらいました。また、9体並んだ《ヴェネツィアの女》は、別の参加者から「立って鑑賞するよりも、長椅子に座って鑑賞するほうが良い作品に見える。」との声。

◆展示室2
3階の小部屋・展示室2は「5.書物のための下絵」と「11.スタンパ」。ですが、「4.群像」や「9.パリの街とアトリエ」のセクションに属する作品も展示されています。特に《アトリエⅡ》、《犬、猫、絵画》には、展示室1に展示の《犬》、《猫》が描かれています。ジャコメッティは、どちらの作品も手元に置いていたのですね。
千葉学芸員が解説されたように、この部屋では「枠取りしているもの、枠取りのないものを並べて展示」していました。

2017_ジャコメッティ_2

2017_ジャコメッティ_2


◆展示室1
展示室2を出て階段を降りた展示室1は、「10.犬と猫」「14.チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト」。この部屋の展示作品は3体の小さな彫刻を除き、全て写真撮影可能。スマホやタブレットで撮影している人が沢山います。本展のメイン。粋な計らいですね。
私の周りからは、「《猫》はジャコメッティの飼い猫、《犬》はジャコメッティの分身」と話す声や、「《歩く男Ⅰ》は細長いけれど、骨格や筋肉は正確に表現しているんだよね。」と話す声が聞こえて来ました。

◆展示室5
最後の部屋は展示室5。「6.モデルを前にした制作」「8.矢内原伊作」「9. パリの街とアトリエ」「12.静物」「15.ジャコメッティと同時代の詩人たち」「16.終わりなきパリ」と、6つのセクションに属する作品を展示。ジャコメッティの弟・ディエゴをモデルにした胸像が3体展示されていますが、うち1体は豊田市美術館の収蔵品。いずれも、「ブールデルに師事した」ことを再認識させる作品です。また、写真しかありませんでしたが《矢内原伊作の胸像》は普通のプロポーションの彫刻。千葉学芸員が解説されたように、「ディエゴ(弟)、アネット(妻)、矢内原伊作(やないはら・いさく=友人)の像だと、モデルに似ているものもある」というか、いずれも実にリアルな作品でした。
余談ですが、写真の矢内原伊作はヘアスタイル、顔の造作、背格好、どれをとってもジャコメッティによく似ていました。

◆最後に
 千葉学芸員に入場者の状況を聞いたところ、「ぼちぼち。鑑賞するには丁度よいですよ。」との回答。その言葉どおり、まずまずの入場者があり賑やかな雰囲気の中で楽しくジャコメッティ展を鑑賞することができました。入場者が多すぎると人に押されて鑑賞どころではありませんが、かといって「貸し切り状態」も寂しいですからね。
 コレクション展は、青木野枝、毛利武士郎、草間弥生など、現代彫刻の特集。千葉学芸員が解説された「20世紀の彫刻は抽象彫刻が多く、人体を表現する作品は少ない。ジャコメッティの彫刻は、古代彫刻から続く流れに乗ったもの。」という言葉を再確認しました。
 会期は、12月24日(日)まで。
Ron.

長沢芦雪展 ミニツアー

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor


今回の参加者は28名。愛知芸術文化センター12階のアートスペースEで約1時間、愛知県美術館の深山(みやま)美術課長の解説を聴き、その後は自由観覧となりました。

◆深山課長の解説(抜粋)
〇展覧会について
 長沢芦雪の展覧会は2013年の「応挙展」終了後から「次は芦雪」と、温めていた企画。
芦雪の展覧会は、2000年(千葉市美術館、和歌山県立博物館)、2011年(MIHO MUSEUM)以来の開催となる。開催当初の入場者は一日1500人程度だったが、SNSで「かわいい」と、人気が出てきて、11月3日には3400人の入場者があった。東京だったら、もっと多くの入場者となり、入場制限をする事態になっていたかも。展示室の作品解説も、「わかりやすい」と評判。

○長沢芦雪は、どんな人
 長沢芦雪は1754年生まれ。1799年に数え46歳で死去。円山応挙の弟子1000人の中でも「一番うまい」とされる人物。先生の真似だけでなく、新たな境地を拓いている。
今回の展覧会では応挙の入門する前の作品を4点展示。《関羽図》を見ると「面白い線を引きたい」という意欲を強く感じる。もともと表現意欲一杯だったが、十代の頃の技術は未熟。応挙の弟子となって表現技術を身に着け、大きく成長したと言える。

〇応挙との比較
《牡丹孔雀図》は応挙・芦雪ともに描いているが、応挙の孔雀は「動きが止まった一瞬」を描いているのに対し、芦雪は「動いている途中の姿」を切り取っている。《楚蓮香図》でも応挙は小柄で優しい女性を描いているが、芦雪は髪の毛が乱れた色っぽい女性を描くだけでなく、足元に蓮華草を配し「蝶は、花ではなく蓮香の香りに惹かれている」ことを表現。いずれも、先生である応挙の真似にとどまらず、工夫を加えた作品となっている。

〇和歌山県串本町・無量寺の空間を再現
 今回の展覧会では愛知県美術館の広い展示室を活かして、無量寺の空間を再現。
現在の無量寺ではレプリカの襖を使用。本物は無量寺の展示施設あるが、奥行きが足りないので、残念ながら虎も龍も、最後の襖は他の4枚と直角に交差する位置に展示。
展覧会では本物による襖絵の空間を体感してほしい。本尊の前に立つと、部屋の奥から虎と龍が出て来て両側から迫ってくるように感じる

○かわいい生きもの
 かわいいのは子犬だけでなく、子どもたちやスズメ、カエル、ナメクジなども。また、全身は黒色で、首と足先だけが白い子犬の後ろ姿が多くの作品に登場しているので、注目。

◆自由観覧
 お昼時にも関わらず、深山課長から話があったとおり、展示室は大勢の入場者で込み合っていました。とはいえ、鑑賞の妨げになるほどではありません。でも、土・日は朝一番を避けた方が良いかもしれませんね。

○無量寺・方丈の空間再現
 深山美術課長による解説のとおり、無量寺の空間再現は圧巻でした。3室分を再現しているので、《虎図》の裏に「魚を狙う猫」が描かれていることがよくわかります。《唐子遊図襖》ではネズミの姿もしっかり確認できました。
愛知県美術館における「空間再現」は、2013年3月~4月の「開館20周年記念 円山応挙展」における兵庫県美方郡香美町・大乗寺客殿以来。「開館30周年記念」というだけに、力が入っていますね。

〇《月夜山水図》はじめ、満月が4点
 深山課長「芦雪は、塗り残すことにより満月を描写。技術が無いとできない表現」と、解説していましたが、月夜の絵が見事に4つ並んでいました。

○《白象黒牛図屏風》エツコ&ジョー・プライスコレクション
 白象の上にカラス、黒牛の脇に子犬。対比が面白いですね。愛知県美術館で展示されるのは2007年4月~6月の「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」以来でしょうか?

○《方寸五百羅漢図》
 一寸角の画面に五百羅漢が描いてあるというのですが、小さすぎて見えません。隣の拡大図を見て、「これだけの人物を、どうやって一寸角の画面に納めたのだろう。」と、感心してしまいました。

◆最後に
 長沢芦雪は茶目っ気たっぷりというか、絵にいろいろな仕掛けを凝らすのが大好きな人だったようです。数え46歳で亡くなったのは、あまりにも惜しい。北斎ぐらい長生きしたらどんな絵を描いたのか、見てみたかったですね。
北斎といえば、「長沢芦雪展」の終了(11/19)と入れ替わりに、「北斎 だるせん!」が名古屋市博物館で始まります。(11/18~12/17)こちらも、楽しみです。
           Ron.

深山学芸員による1時間にも及ぶ解説、ありがとうございました。

深山学芸員による1時間にも及ぶ解説、ありがとうございました。

碧南市藤井達吉現代美術館 「リアル(写実)のゆくえ」 ミニツアー

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor


碧南市藤井達吉現代美術館で開催中の「リアル(写実)のゆくえ」(以下、「本展」)鑑賞の名古屋市美術館協力会ミニツアーに参加しました。参加者は16名。当日は土生(はぶ)和彦学芸員(以下「土生さん」)のギャラリートークが予定されていたので、一般の方に交じって14:45まで土生さんのギャラリートークを聴き、その後は自由観覧・自由解散でした。

ギャラリートーク会場は満員

ギャラリートーク会場は満員


◆「鮭」の絵が、4点も
 集合時間の午後2時にはギャラリートークを待つ40~50人程の参加者で2階ロビーは満員。最初の展示は、高橋由一の《鮭》と磯江毅《鮭-高橋由一へのオマージュ》。土生さんは「高橋由一の《鮭》は、日本の写実画の出発点。磯江はスペインで写実画を学び、日本に帰国した時に、『日本人の写実画とは何か』を考えたうえで、描いたのが鮭の絵。2つの鮭の間には150年の歳月がある。磯江は、板に麻紐で縛られた鮭を描いているが、板の割れ目や木目は磯江が描いたもの。画面の荒縄や麻紐の端には本物の藁や麻を張り付け、『だまし絵』のようになっている。また、高橋由一の《鮭》は、今回展示の《鮭》山形美術館寄託の外に、東京芸術大学と(公財)笠間日動画廊も所蔵しているが、皆さんお馴染みの、美術の教科書の挿絵や切手の図柄になっているものは東京芸大所蔵の《鮭》(重要文化財)。本展で借りようとしたが、東京芸大の展覧会に展示するということで断られた。」と、残念そうに話されていました。
当日の午後8時からEテレ「日曜美術館」で、平塚市美術館「リアルのゆくえ」展特集が再放送され、磯江毅の奥さんの話もありました。それによれば、「鮭を描くんだ」と張り切って上物を探してきたのですが腐り始めたために、形が崩れないよう麻紐で固定したそうです。
なお、東京芸術大学の《鮭》は左側に目があり、切り取られている鮭の身は全体の4割足らずで少な目。笠間日動画廊の《鮭》は、ほぼ半身の状態。したがって、磯江の《鮭》に一番近いのは、今回展示の《鮭》山形美術館寄託。結果として、この組み合わせで良かったと思われます。
 なお、2階展示室の最後にも鮭。木下晋《鮭》と三浦明範《鮭図-2001》の2点。鮭は写実画の原点なのですね。
どれもクオリティの高い作品ばかりです

どれもクオリティの高い作品ばかりです


◆黎明期の写実画が「気味が悪く見える」わけは?
 展示は年代順で、「第Ⅰ章 写実の導入 < 明治の黎明>」、「第Ⅱ章 写実の導入 < 明治中期以降>」、「第Ⅲ章 写実の展開 < 大正>」、「第Ⅳ章 昭和 < 戦前・戦後>」「第Ⅴ章 現代の写実」の5章。
 第Ⅰ章には、4月に参加した三重県立美術館のミニツアーで見た岩橋教章《鴨の静物》をはじめ、黎明期の写実画が展示されています。土生さんは「この時期の写実画は、どの部分も同じように力を込めて描いているため、逆に、絵の中心になるものがはっきりしない。田村宗立《加代の像》のモデルは桂小五郎の愛人だった女性で、美人の評判が高かったのだが、この絵はオバケのように見える。西洋の人物画はモデルの特徴をとらえるだけでなく、同時に理想化も施して美しく見えるように描いている。しかし、この頃の写実画は理想化とは無縁で、顔のシワなども克明に描いたため、やりすぎて気味悪く見える。これが、五姓田義松《井田磐楠像》の頃になると、進化して自然に見えるようになった。やがて明治中期になると、黒田清輝の叙情的で明るい外光派と呼ばれる作風が写実画の主流となる。第Ⅱ章では、高橋由一の流れを汲む「旧派」「脂派」と呼ばれた『非主流派』の作家による、西洋画の手法で東洋的な主題を描いた作品を展示。本多錦吉郎《羽衣天女》は、富士山と三保の松原を背景に描いた日本的題材だが、天女には西洋の天使のような羽根がある。櫻井忠剛《能面、貝合わせなど》は、黒漆の扁額に油彩で描いたもの。」と話されていました。

◆第Ⅲ章の主役は岸田劉生
第Ⅲ章では、岸田劉生の麗子像と静物画と、劉生の影響を受けた作家の作品を展示。岸田劉生《麗子肖像(麗子五歳の図》は正に写実画ですが、《野童女》になると崩れた気持ちの悪い絵になって来ます。土生さんによれば「この変化は、本質に迫ろうとして写実を越えたことによる」とのこと。なお、図書館で借りた「別冊太陽 154」によると、劉生の《壺》と《壺の上に林檎が載って在る》は、どちらもバーナードリーチ作の水差しを描いているようです。
第Ⅲ章は参加者と、「名古屋市美術館前学芸課長の山田さんがお得意の分野だなあ。山田さんが一緒に来ていたら、いろいろな話が聞けただろうな。」と、小声でおしゃべりしながら鑑賞。映画監督・俳優の伊丹十三(本名:池内義豊)の父、伊丹万作の絵が2点ありました。

◆第Ⅳ章は、具象画が低く見られた時代の作品
 土生さんによれば「昭和の戦前・戦後は、写真とは違う表現を追究した絵画が主流となり、写実的な具象画は低く見られた時代だが、第Ⅳ章ではそのような風潮の中でも写実に取り組んだ作家を紹介している。」とのこと。高島野十郎や中原實などの作品は「写実画」ではあるものの、何か現実離れした雰囲気を持っています。特に、牧野邦夫《食卓にいる姉の肖像》《武装する自画像》は、いずれも画面の一部だけがリアルであるため、いっそう非現実感が漂う作品です。

◆写実画が注目されている現代の作品
2階展示室の最後は現代の作品。上田薫《なま玉子》、リンゴとパンジーを組み合わせた野田弘《パンジー 其の参》、河野通紀《淋しい水》など、何れの作品も写実を追求していますが、やりすぎ感のある高橋由一《鯛図》等と違い、現代的で洗練されています。「本物そっくり」だけではない魅力が、どの作品からも感じられ「本展に来てよかった」と思いました。

◆1階展示室は、本展の締めくくり
 1階展示室は、礒江毅《深い眠り》から始まります。木下晋《休息》、安藤正子《Light》、吉村芳生《コスモス》など大型の作品が並んでいますが、犬塚勉《梅雨の晴れ間》、水野暁《The Volcano –大地と距離について/-浅間山》(以下《浅間山》)の前では、しばらく動けませんでした。
《梅雨の晴れ間》について、「美の巨人たち」では「人を描かずに、人の存在を表現している」と紹介していましたが、絵の世界に引き込まれそうです。土生さんは、水野暁《浅間山》について「浅間山が正面に見える場所にキャンバスを持って行き、4年間かけて何度も描いては消し描いては消しを繰り返して出来た作品」と紹介していましたが、絵の存在感に圧倒されます。Eテレ「日曜美術館」でも、この作品を描いたプロセスを紹介していました。

◆ミニツアー参加者への「おまけ」
ギャラリートーク終了後、土生さんはミニツアー参加者からのリクエストに応え、2つの作品について解説してくれました。ひとつは第Ⅱ章の石川寅治《浜辺に立つ少女たち》。「海岸の風景だと思うが、砂漠のように見えるし、背景に積み藁が見えるのも変。」という質問に対し、「画面右奥には山並みが見えるので海岸の風景。積み藁に見えるのは浜辺の小屋かもしれない。」との答え。
もう一つは、同じく第Ⅱ章の寺松国太郎《サロメ》(1918)。「モローやビアズリーの《サロメ》は立っている姿だが、この絵のサロメは横になっている。なぜ、横になっているか分からない。」という質問に対し、「当時、松井須磨子主演のサロメが上演されている。舞台では、横になる演出があったのかも。」との答え。家に帰ってネットで検索すると、松井須磨子主演の「サロメ」は大正3年(1913)12月に帝国劇場で上演。また、横になっているサロメの画像もありました。 
     Ron.

解説してくださった土生学芸員。ありがとうございました

解説してくださった土生学芸員。ありがとうございました

奈良美智展ミニツアー 豊田市美術館

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor

 7月23日日曜日、どんよりと曇った空のもと、豊田市美術館にて奈良美智展のミニツアーが開催されました。集まった会員は25名。奈良さんの展覧会がどのようなものか、初めてなのでワクワクです。

 まずは初期の頃の作品。まだあの目の大きな女の子は出てきません。荷物の運搬用の木のパレットに描かれた作品や、金髪のかわいい女の子の横顔など。でも全体の色調はとっても鮮やかで、中間色が見事に生かされたカラフルな作品。これもとても面白いです。

 そして、奈良さんと分る大きな目の肖像画。様々なバックの色や目の表現にバリエーションもあり、観る者の目を楽しませてくれます。

 2階へ上がるとメルヘンな世界。奈良さんが制作したお家や、天井にはお月様のようなものもあり、部屋全体がおとぎの国のようです。立体作品もいくつかあり、奈良ワールドを堪能できる展覧会でした。

 急遽講堂でのレクチャを変更して展示室を案内しながら解説してくださった豊田市美術館の鈴木俊晴学芸員に、感謝申し上げます。

協力会

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara