気になる展覧会

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 2019年も半ばを過ぎてしまいましたね。今後、名古屋周辺で開催予定の美術展の中から「気になる展覧会」を会期の近いものから順番に書いてみました。

◆キスリング展 エコール・ド・パリの夢  岡崎市美術博物館 2019.7.27~9.16  2019年6月23日放送のNHK・Eテレ「日曜美術館」アートシーンで、東京都庭園美術館で開催中の展覧会(7月7日まで)を紹介していました。2007年以来、12年ぶりに開催される個展とのことです。キスリングといえば、名古屋市美術館所蔵の《マルセル・シャンタルの肖像》が頭に浮かびますが、東京都庭園美術館のホームページ(注1)のイチ押しはフランスの女性小説家コレットの娘を描いた《ベル=ガズー(コレット・ド・ジュヴネル)》で、静物画も出品されるようです。滞米時代の作品を含む約60点の作品が出品されるので、見逃せませんよ。

注1 キスリング展のURL=https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/

◆空間に線を引く 彫刻とデッサン展  碧南市藤井達吉現代美術館 2019.8.10~9.23 2019年6月30日放送のNHK・Eテレ「日曜美術館」アートシーンで、足利市立美術館で開催中の展覧会(7月28日まで)を紹介していました。足利市立美術館のホームページ(注2)には、「彫刻家は(略)描くことがすなわち触れることであり(略)画家のデッサンにはない様々な要素が見出せる」と書いてあります。アートシーンでは柳原義達、青木野枝、大森博之のデッサンと彫刻を紹介していましたが、読売新聞のベテランアート記者・高野清見氏のコラム【きよみのつぶやき】第16回(注3)では舟越直木(1953-2017:舟越保武の三男)の作品紹介にページを割いています。【きよみのつぶやき】第16回によれば、本展を企画したのは「リアル(写実)のゆくえ展」(2017年)等を手がけてきたベテラン学芸員のコンビとのことです。「リアルのゆくえ展」はとても面白かったので、本展も大いに期待できると思います。

注2 足利市立美術館・彫刻とデッサン展のURL=http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/

注3 【きよみのつぶやき】第16回のURL =https://artexhibition.jp/topics/features/20190604-AEJ83154/

◆シャルル=フランソワ・ドービニー展  三重県立美術館 2019.9.10~11.4  

これは、協力会・2018秋のツアーのトークで名古屋市美術館の保崎学芸係長(以下「保崎さん」)が「お勧めの展覧会」として紹介していたものです。保崎さんが紹介したのは山梨県立美術館で開催中の展覧会でしたが、本年9月に三重県立美術館へ巡回してきます。  

巡回先のひとつ・東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(本展は6月30日終了)のホームページ(注4)によればドービニーの作品約60点の外、コロー、クールベなどドービニー周辺の画家たちの作品約20点も出品されるとのことです。ホームページには作品リストの外、約6分の動画もアップされていますので、一見の価値があります。  

なお、【きよみのつぶやき】第6回(注5)は「ゴッホが敬愛した画家」と副題をつけて本展を紹介しています。山梨県立美術館での展示風景画像もありますよ。

注4 ホームページのURL=https://www.sjnk-museum.org/program/current/5750.html

注5 【きよみのつぶやき】第6回のURL https://artexhibition.jp/topics/features/20181203-AEJ51978/

Ron.

展覧会見てある記 「印象派からその先へ」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

名古屋市美術館(以下「市美」)で「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション」(以下「本展」)が開幕しました。展覧会のチラシには、こんなことが書いてあります。

(略)石膏建材メーカーとして知られる吉野石膏株式会社は、1970年代から本格的に絵画の収集を開始し、2008年には吉野石膏美術振興財団を設立。(略)そうして形成された西洋近代美術のコレクションは、質量ともに日本における歴代のコレクションに勝るとも劣らぬ内容を誇っています。現在、その多くは創業の地、山形県の山形美術館に寄託され、市民に親しまれています。本展ではバルビゾン派から印象派を経て、その先のフォーヴィスムやキュビズム、さらにエコール・ド・パリまで、大きく揺れ動く近代美術の歴史を72点の作品によってご紹介します。とりわけピサロ、モネ、シャガールの三人は、各作家の様式の変遷を把握できるほどに充実しており、見応え十分です。(略)中部地方では初めて。知られざる珠玉の名品を、どうぞこの機会にご堪能ください。

 「でも、大したことないんじゃないの」と、少し馬鹿にして市美に出かけたのですが、結果は良い方に大ハズレ。「へへー、おみそれいたしました」と、なりました。本展を舐めていたことを大いに反省しています。「見応え十分」というだけでなく、コレクターの感性によるのでしょうか、「見ていて気持ちが良い」のです。 「印象派」だけでなく、「その先」の展示も充実しています。また、わかりやすくて簡潔な「子供向け解説」は大人でも十分、読み応えがあります。本展は、見逃せません。

◆1章:印象派、誕生 ~革新へと向かう絵画~ ◎エントランスホールでモネ《睡蓮》と《サン=ジェルマンの森の中で》が出迎え  市美1階の橋を渡って企画展示室のエントランスホールに入ると、正面の壁に拡大されたモネ《睡蓮》と《サン=ジェルマンの森の中で》が並んでいます。「ピサロ、モネ、シャガールの三人」のうち、先ず、モネが出迎えてくれました。展示は、バルビゾン派からクールベ、マネ、ブーダンと続き、印象派はシスレーから始まります。作品は年代順に並んでいますが、《モレのポプラ並木》の前で思わず足が止まってしまいました。  続くのはモネ。なかでも《サン=ジェルマンの森の中で》は不思議な作品です。見ていると、絵の中に引き込まれそうになります。映画「となりのトトロ」に出てきた“秘密の抜け穴”を思い出しました。《睡蓮》と《テムズ河のチャリング・クロス橋》は、「モネ それからの100年」以来1年ぶりの再会。去年の展覧会を思い出します。

◎特等席はルノワール、ドガ、ゴッホ  1章では、ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》とドガ《踊り子たち(ピンクと緑)》が水色の壁、ゴッホ《静物、白い花瓶のバラ》が茶色の板の特等席に展示されていました。ルノワールとドガが特等席なのは納得できますが、ゴッホの静物画が特等席なのは何故でしょうか?重要な作品だとは思うのですが……。

◎パステル画を堪能 コレクターの好みなのか、本展ではパステル画が目立ちました。水色の特等席の2作品だけでなく、メアリー・カサット《マリー=ルイーズ・デュラン=リュエルの肖像》、ピカソ《フォンテーヌブローの風景》がパステル画です。鮮やかな中間色のふわっとした感じがいいですね。癒されます。

◆2章:フォーブから抽象へ ~モダン・アートの諸相~  2章で強烈な印象を受けたのはヴラマンク。《セーヌ河の岸辺》は「どこがセーヌ河?」という感じの赤と緑のコントラストが目に飛び込んでくる作品。しばらく眺めていて「左上の白っぽいところがセーヌ河?」とわかりました。でも、このめちゃくちゃな色使いは癖になりますね。静物画が2点並んで、最後の《村はずれの橋》は正に「万緑叢中紅一点」。ワンポイントの赤が効いています。 マティス《緑と白のストライプのブラウスを着た読書する若い女》はストライプが印象的な作品。「子ども向け解説」を読みながら鑑賞することをお勧めします。

◎2章は、アンリ・ルソーから2階に展示 2階は抽象画が中心。カンディンスキーの作品は「音楽」を感じさせます。また、ルソー《工場のある風景》も、ここで見ると抽象画のような感じがします。

◆3章:エコール・ド・パリ ~前衛と伝統のはざまで~ ◎ユトリロとマリー・ローランサン 3章はユトリロとローランサンから始まります。ヴラマンクと違って、ドキドキせず、安心してみることのできる作品が並びます。この中では、群像を描いたローランサン《五人の奏者》がいいですね。

◎これは「小さなシャガール展」です  本展の最後を飾るのは、吹き抜けの上の広い空間に展示されたシャガールの作品です。数えると、シャガールだけで10点。そのうち3点に「子ども向け解説」が付いていました。シャガールは学芸員さんの「お気に入りの作家」なのでしょうか?それとも、「子どもを引き付ける作家」なのでしょうか?いずれにせよ、吹き抜けの手すり近くから、L字型の壁に並ぶシャガールを眺めるのは壮観です。

◆最後に  名古屋市美術館協力会では4月14日(日)午後5時から、会員向けに「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション」のギャラリートークを開催します。詳しくは、名古屋市美術館協力会のホームページをご覧くださいね。                             Ron.

展覧会見てある記 「アイチアートクロニクル1919-2019展」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

愛知県美術館リニューアル・オープン記念の全館コレクション企画「アイチアートクロニクル1919-2019展」(以下「本展」)を見てきました。通常の企画展と違って、コレクション展(いわゆる常設展)の一部として開催されているため観覧料は一般一人500円(20人以上の団体は一人400円)と割安です。
「コレクション展」とはいうものの、愛知県美術館(以下「県美」)のコレクションだけでなく名古屋市美術館(以下「市美」)や豊田市美術館(以下「豊田市美」)、作家蔵の作品も出品されているので企画展並みの見応えがありますよ。
また、本展(展示室8は本展「9章」の続き)の他、展示室6には「愛知県美術館の名品」というタイトルで、クリムト《人生は戦いなり(黄金の騎士)》などが並び、展示室7には「愛知のやきもの」というタイトルで木村定三コレクションの中から江戸時代の祥瑞(しょんずい)写皿や織部焼、志野焼、黄瀬戸などが、藤井達吉コレクションの中から藤井達吉・加藤藤九郎《草花文花入》などが並んでいます。
つまり、「観覧料が割安」ということ以外は、通常の企画展と同様の規模の展覧会でした。以下、感想などを書かせていただきます。なお、作品名の後の(  )内の数字は作品番号です。

◆1章 愛知洋画のはじまり 1871~
珍品だと思ったのは河野次郎による題不詳の下絵(1-1)と本画(1-2)です。解説によると西洋画の写しのようですが、名古屋市博物館で開催中(4/7まで)に出品されている「西洋画を模した浮世絵」に通じるものを感じました。この作品、所蔵先に「名古屋市美術館」と表示されていましたが、初めて見る作品です。
島田卓二《湯谷渓谷「淵」》(1-9)を見て、中学生の時に湯谷渓谷で見た水の青さを思い出しました。また、加藤静児《渚》(1-12)はどこの風景を描いたものか分かりませんが、何故か懐かしさを感じました。この絵は、愛知県の風景を描いたのでしょうか。

◆2章 愛美社とサンサシオン
愛美社やサンサシオンは、市美の常設展でもおなじみのものです。見ると市美のコレクションから、鬼頭鍋三郎《手をかざす女》(2-22)始め4点の作品と資料数点の出品があります。県美のコレクションだけでなく市美のコレクションも併せて出品しているので、幅広い内容の展示になっていると感じました。
また、岸田劉生の作品が2点出品されていました。そういえば、令和2年(2020)1月8日(水)から3月1日(日)まで市美で「没後90年記念 岸田劉生展」が開催されますね。

◆3章 シュルレアリスムの名古屋
愛美社やサンサシオンと同様に、シュルレアリスムも市美の常設展でもおなじみのものですが、本展では県美コレクションの尾沢辰夫《鴨》(3-2)が目を引きました。チラシに《鴨》の画像が使われているように、何故か目が離せない作品です。なお、3章は全出品作23点中、18点が市美のコレクションです。市美でもなかなか見ることのできない規模の、郷土ゆかりの作家による「シュルレアリスム展」といえます。市美のファンとしては見逃せない展覧会ですね。

◆4章 非常時・名古屋
鬼頭鍋三郎の作戦記録画(いわゆる戦争画)が多数出品されています。ほかには、メキシコ・ルネサンスに連なる北川民次《砂の工場》(4-8)、安藤幹衛《逃走》(4-9)、伊藤高義《粘土採掘場》(4-10)(いずれも県美コレクション)が印象に残りました。

◆5章 日本画と前衛
東松照明の写真が多数展示されており、平成23年に市美で開催された「東松照明展」で見た作品もありました。臼井薫の写真4点の外3点が市美のコレクションですが、杉本健吉《名古屋城再建基金ポスター原画》(5-13)は初めて見ました。

◆6章 桜画廊とその周辺
久野真、浅野弥衛、野水信などの作品が展示されています。市美の常設展でもおなじみの作家なので、懐かしさを感じますね。

◆7章 美術館たちの集団行動
1960年代以降、栄中心にハプニングを起こした「ゼロ次元」「あさいまつおとその仲間」「ぷろだくしょん我S(がず)」などの作品・記録を展示しています。県美コレクションの岸本清子《《ナルシスの墓標》のためのドローイング》(7-4)は、インパクトがありました。なお、ぷろだくしょん我S《人形参議院選》(7-9)と写真(7-7)、資料(7-10)は市美のコレクションです。

◆8章 現代美術の名古屋
協力会のカレンダーに作品を提供していただいた久野利博の写真も出品されています。久野利博の写真は、いずれも市美のコレクションでした。また、辰野登恵子の油彩《Untitled 95-1》(8-12)には迫力がありましたね。

◆9章 現代美術の名古屋
出品リストによれば60点もの作品が出品されており、その一部は展示室8に展示されています。作家蔵の作品や豊田市美のコレクションもありました。なかでも、山田純嗣、大崎のぶゆき、田島秀彦、坂本夏子は平成24年に市美で開催された「ポジション2012」の出品作家だったので、懐かしさを感じます。
◎9章のうち展示室8の作品
展示室8には、協力会のカレンダーに作品を提供していただいた渡辺英司の作品《蝶瞰図》(9-51)を始めとする作品が展示されています。そのうち、木村充伯の彫刻《あ、犬がいる!》(9-56)は展示室の壁上方に張り付いており、同じく《祖先は眠る(2匹の猿)》(9-57)は床に転がっていました。ちょっと変わった展示方法なので、印象に残りました。

◆愛知県美術館の名品
本展は「郷土ゆかりの作家の展覧会」ですが、常設展でおなじみのゴーギャン、レジェ、ムンク、マティス、ピカソ、藤田嗣治などの作品は、ちゃんと展示室6にあるのでご安心を。

◆愛知のやきもの
木村定三コレクションは、祥瑞写皿など白地に鮮やかな青藍色の模様を施した江戸時代のやきものが綺麗です。木村定三が数多くの祥瑞写を収集した理由がよくわかりました。

◆最後に
本展は「県美のコレクション展」ですが、市美や豊田市美の作品も出品されているので「市美や豊田市美のコレクション展」としても楽しむことができます。本展の会期は6月23日(日)までと長いので、期間中、何度も来館できますよ。
県美の出口に「大浮世絵展」(歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演)のチラシが置いてありました。五人の中に「国芳」が入っているのが、今風です。県美の会期は、令和2年(2020)4月3日(金)~5月31日(日)。主催に「国際浮世絵学会」も入っているので、期待できそうですね。
Ron.

展覧会見てある記 「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」展

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

名古屋市博物館で開催中の特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」に行ってきました。敷地に入り玄関に続く連絡通路を歩いていると、二人連れがパネルを指さしています。耳を澄ますと「血染めの絵がいっぱい出てくるんだよ」と話す声が聞こえて来ました。
展覧会は五つの章に分かれ、「1章 ヒーローに挑む」には三枚揃の大画面の作品が多く、見ごたえがあります。また、国芳の酒呑童子を武者絵の先達・勝川春亭と比較したり、10年前の国芳との比較(源頼政鵺退治)や弟子との比較(合戦図)など、展示に工夫が凝らされています。
「2章 怪奇に挑む」のメインは「血みどろ絵」《英名二十八句衆》ですが、血が苦手な人のために迂回路が用意されています。
「3章 人物に挑む」には美人絵が並びます。浮世絵ながら、芳年の《風俗三十二相 暗さう》には近代日本画の雰囲気がありました。
「4章 話題に挑む」では猫やスズメ、だまし絵、大津絵などの戯画が楽しめます。また、国芳と芳年の《一ツ家老婆》が並んでおり、芳年が師から学ぶだけでなく更に工夫を加えたことが分かりました。
「終章 「芳」ファミリー」に展示されていた《月百姿》は「集大成」にふさわしいもので、《延命院日当話》は「なまめかしい絵」でした。
◆2019年3月6日付の日本経済新聞に展覧会評が掲載されています
3月6日の日本経済新聞・文化面に窪川直子・編集委員の展覧会評が載っていました。見出しは「殺伐とした幕末 斬新な発想」。以下は記事の抜粋です。

幕末に活躍した歌川国芳(1797~1861)は展覧会が相次ぐ人気浮世絵師で、弟子の月岡芳年(1837~92年)も近年熱い注目を集める。名古屋市博物館の「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」展はそんな2人の画業再評価の流れに位置づけられる。(略)武者絵を劇的に演出しようと、国芳は血がほとばしるような場面も描いたという。これをさらに追及したのが芳年で、兄弟子の落合芳幾と共作した連作「英名二十八衆句」の全図の展示は見どころの一つだ。血や生首が飛ぶ「血みどろ絵」には目を背けたくなるものもある。しかし、当時の技術を総動員し、鮮血や血の手形を表現した辺りに、日本に流入してまもない西洋絵画を参照した国芳の進取の気性を見て取れる。殺伐とした幕末という時代を映し、講談や歌舞伎でも血なまぐさい場面が好まれた。残酷さを強調したのは、世相に敏感な師匠の影響ともいえる。出品作の大半は国文学者の尾崎久弥、医学者の高木繁が、幕末明治の浮世絵が「末期の浮世絵」と見なされた時代にせっせと蒐集したものだ。(略)「末期」をもり立てた絵師だけでなく、収集家の気骨もすがすがしい。(略)(注:記事には「尾崎は国芳がよりどり十銭で売られているのを残念がり」という一節もありました。)

◆協力会ミニツアーのお知らせ
 3月24日(日)に「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」展の鑑賞ミニツアーが開催されます。集合は午後2時。名古屋市博物館副館長 神谷浩氏の解説の後、自由観覧となります。詳細は、協力会ホームページをご覧ください。
         Ron.