映画『ジャコメッティ 最後の肖像』

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 名古屋市美術館のシャガール展で目にしたチラシに惹かれ、伏見ミリオン座で上映中の映画「ジャコメッティ 最後の肖像」(原題:Final Potrait)を見てきました。
ストーリーは、主人公のアメリカ人作家ロードがジャコメッティから引き受けた、「2、3時間ですむ」というモデルの仕事が来る日も来る日も終わらず、すったもんだの末、18日目に完成?するというもの。帰国後のロード宛にジャコメッティから「すぐに戻ってくれ。もう一度最初から描きたいから」という手紙が届いたというナレーションが、最後にあります。
何故、18日間もかかるのかというと、ジャコメッティは肖像画の出来に満足できず、完成したかと思うと白や灰色の絵の具で塗りつぶし、最初から描き始めるからです。(そういえば、ジャコメッティ展で見た《マルグリット・マーグの肖像》(1961)も、修正を繰り返したために、顔の部分が絵の具で盛り上がっていましたね。)
映画では、豊田市美術館のジャコメッティ展の写真にあった、絵筆や石膏像、粘土像が所狭しと並んで雑然としたアトリエの内部が再現されており、それを見ているだけでも満足できます。なので、アトリエで肖像画を描くシーンが多くても退屈しません。まさに、アトリエも重要な役者でした。アトリエの描写も、最初は薄暗くモノクロームに近い色調だったのが、後半では日光に照らされカラフルになっていきます。
ジャコメッティ展では「矢内原伊作」というセクションがありましたが、この映画で矢内原伊作が出て来るシーンは僅か。いつの間にかジャコメッティの家の寝室に入り込んでジャコメッティ夫人のアネットと親しげに話しながらジャコメッティに挨拶するシーンと、主人公がアトリエを後にするときに寝室の窓のカーテンを閉めるアネットの後ろで矢内原伊作がベッドに座っているという意味深なシーンの2つだけでした。
ジャコメッティがピカソとの裏話を語るシーンもあり、お勧めです。
なお、油絵風のアニメ映画「ゴッホ 最期の手紙」(原題:Loving Vincent)の予告編がありました。伏見ミリオン座で1月20日(土)から上映です。
Ron.

行ってみました:「北斎 だるせん!」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 名古屋博物館で開催中の「北斎 だるせん!」(以下「本展」)に行ってきました。北斎が200年前に名古屋で描いた「大だるま」を中心にした展覧会で、「だるせん」は「だるま先生」の略。11月24日付け中日新聞1面「即興 北斎大だるま」という記事は、本展関連イベントの報道です。(11月25日にも続報)
なお、大だるまを描く様子は中日新聞HPの動画ニュースで見ることができます。

◆北斎漫画、大だるま、冨嶽三十六景
 本展は、「Before 名古屋」「北斎、漫画を描く」「北斎、大だるまを描く」「名古屋の仲間たち」「After 名古屋」の五章で構成。みどころは1回目の名古屋訪問(1812)が契機になって出版された「北斎漫画」(第2章)と、2回目の名古屋訪問(1817)時の「大だるま」(第3章)、《冨嶽三十六景 尾州不二見原》(第5章)。
第2章では、「北斎漫画」第1編は名古屋滞在中に北斎(1760-1849)が描いた絵をもとに永楽屋東四郎(名古屋)と角丸屋甚助(江戸)によって出版されたこと、第15編は北斎没後の明治11年(1878)に名古屋の画家・織田杏斎が補筆して出版されたことなど、色々と勉強になりました。第3章では、「大だるま」や北斎が使った大筆が再現され、写真撮影もできます。第5章の《冨嶽三十六景》は、「青色」が印象的でした。また、《尾州不二見原》の解説に「桶がなかったら、何とも間抜けた絵」と書いてあり、北斎の画面構成力を再認識しました。
本展では「江戸時代から、名古屋の富士見原から冨士山が見えるかという論争があった」という説明もあります。論争の決着については展示室でご確認ください。

◆芸術新潮・日経新聞にも北斎の記事
芸術新潮(2017.11月号)の特集は「北斎漫画」を取り上げており、日経新聞(2017.11.18)の文化欄に「北斎の画業・影響 深まる国際研究」という記事がありました。特に、日経新聞の記事では、本展に展示されている北斎《おしをくりはとうつうせんのづ》、《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》とスーラ《尖ったオック岬、グランカン》、セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》との関係について触れ、「北斎没後160年余り。巨匠の画業への注目は、さらに世界各地へと広がろうとしている。」と、締め繰っています。
本展は、必見です。

◆スタンプ・ラリーも
 本展は名古屋ボストン美術館で開催中の「鈴木春信展」との間でスタンプ・ラリーを実施しており、応募すると抽選で景品がもらえます。市バスで往復できるので、スタンプ・ラリーもお忘れなく。
Ron.

映画『ゴッホ~最期の手紙~』

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 先日、未公開映画の特別上映会がありました。映画の題名は『ゴッホ ~最期の手紙~』(原題:LOVING VINCENT)。英国・ポーランド共同制作・96分のカラー作品で、一旦実写撮影した映画をゴッホ・タッチの油絵アニメーションに再構成したアート・サスペンスです。
ストーリーは、ゴッホの死から一年後、郵便配達人の息子アルマンが「ゴッホの最期の手紙」を届ける旅の先々で様々な人からゴッホについての話を聞き、ゴッホの死の真相に迫るというもの。
重く切ない話ばかり続くので居ても立ってもいられないはずなのですが、「謎解き」の面白さと、ゴッホの油絵に描かれた人物がゴッホの絵の中を動き回るという衝撃で、映画の中にぐいぐい引き込まれます。最後に少しだけ、「救い」もありました。
映画のURLはwww.gogh-movie.jp。「ゴッホ 最期の手紙 映画」と入力しても検索できます。11月3日からイオンシネマ名古屋茶屋(港区)で公開。
お勧めです。
なお、エンドロールで、登場人物と、映像の元になった作品が紹介されますので、最後まで席を立たないでくださいね。

追伸
Youtubeの「イッセー尾形とゴッホのおとぼけコラボ!? 動く油絵 特別篇/ 映画『ゴッホ~最期の手紙~』特別映像」は、クスっと笑える動画でした。
また、https://www.youtube.com/watch?v=0CQKHWvK8Ro 始め、複数のメイキング映像(英語版)がありました。
Ron.

「歴史と文化の街 ランスの魅力」ランス美術館展出張講演会2017.8.22(水)14:00~15:35 名古屋市博物館講堂

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

名古屋市美術館協力会の中村さんからのメールで「ランス美術館展 出張講演会」が開催されることを知り、「ゴジラ展」の入場者で賑わう名古屋市博物館まで足を運びました。
平日の開催にも関わらず、開場時刻の13:30よりも前から大勢の人が集まっており、講演会開始時の空席は僅か。隣の席から、「あんたが誘ってくれてよかったわ。講演会の話、どこで知ったの。」「『広報なごや』に載っとったがね。」「へー、私も読んだけど、ぜんぜん気が付かなんだわ。」という会話が聞こえてきます。この人も私と同じように、口コミで講演会の開催を知ったのですね。

◆ランス市、空からの眺め
講師は名古屋市美術館学芸係長の保崎裕徳さん(以下「保崎さん」)。ランス市制作の、空から撮影した市街地の動画で講演が始まりました。保崎さんによれば、ランス市公式ウェブサイトにある動画とのこと。
家に帰って、http://www.reims.fr/1150/reims-vue-du-ciel.htm とパソコンに打ち込んだら、講演会で見たときと同じ、大聖堂や市電、競技場、公園など2分14秒の動画を見ることが出来ました。ランス市は緑豊かで魅力的な街です。
◆ランス市の歴史と魅力
講演の前半は、ランス市にある三つの世界遺産「ノートル・ダム大聖堂」「トー宮殿」「サン・レミ聖堂」や、シャンパーニュ(=シャンパン)の名産地であることなど、ランス市の歴史と魅力の話でした。歴代25人のフランス国王がランス大聖堂で戴冠式を行った話、第一次世界大戦でランス市の80%がドイツの爆撃で破壊された話が印象的でした。(歴史地図を見ると、スイス国境から北海まで続く長い塹壕線がランス市の間際をかすめています。まさに、最前線の街でした。)
◆ランス美術館とランス美術館展(10/7~12/3)
保崎さんの話では、「ランス美術館はシャンパーニュ製造のポメリー社アンリ・ヴァニエの個人コレクションがランス市に寄贈されたことにより開館。コレクションでは17世紀から19世紀のフランス絵画が充実。ランス美術館展にはドラクロワ、コロー、ピサロなど70点が展示され、約30点が藤田嗣治の作品。会期中、学芸員の解説とG.H.マム社のシャンパンが楽しめる「シャンパーニュの夕べ」11/18(土)17:00~19:00(参加料:観覧料込5, 000円、当日現金払)などの特別鑑賞会も開催されます。」とのことでした。展覧会が楽しみです。
Ron.

「回生の苗床」 光内惟奈 燃やせないもの 夢見たものは 展示室で解説を受ける会員たち プティパレ まずはエントランスホールでの解説 2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない