展覧会みてある記 「博物館イキ!」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 名古屋博物館で開催中(6/10まで)の「博物館イキ!」(以下、「本展」)を見てきました。チラシには「博物館行き。一般的には古びて使われなくなった物に対する言葉のようです。ですが、実は博物館に来た物たちは、とてもイキイキとしています。」という文章。「イキ!」は、「博物館行き」と「イキイキ」を掛けた言葉のようですね。国指定重要文化財3点、名古屋市指定文化財2点、重要美術品2点を始めとする名古屋市博物館収蔵品が展示されていました。
◆森川コレクション
 会場に入ると、茶人の森川如春庵(本名、勘一郎)から寄贈された「森川コレクション」のうち、国指定重要文化財・本阿弥光悦作《黒楽茶碗 銘「時雨」》(チラシに図版)の展示があり、外にも元時代の伝任月山筆《稲之図》、狩野常信筆《稲之図模本》(江戸時代の模写)や茶道具、短冊などが展示されていました。
◆国指定重要文化財・市指定文化財・重要美術品は
 《黒楽茶碗 銘「時雨」》以外の国指定重要文化財は、鎌倉時代後期の古瀬戸《魚波文瓶子》と鎌倉時代の《太刀 銘「行平作」》。市指定文化財は、大須二子山古墳下層出土の《杯身(つきみ)》と「よみがえれ文化財」の寄附金で平成25年に修復された《伊勢参宮図屏風》。重要美術品は、瑞穂区師長町出土の《鳥形紐付脚付短頸壺》と千載和歌集の断簡である藤原俊成《日野切》でした。いずれも「お宝」です。
◆ほかに目を惹いたものは
《黒楽茶碗 銘「時雨」》と並んで円空作《十一面観音菩薩像》が展示されています。全22テーマ中、目を惹いたものは富田重助家資料(東朋テクノロジー株式会社の前身・紅葉屋の当主・富田重助家の江戸時代から明治時代までの帳簿など)の外、横井庄一生活資料(太平洋戦争終結後28年目にグアム島で発見された残留日本兵・横井庄一さんのジャングル生活を支えた衣服や背負袋、食糧貯蔵籠など)、「名古屋東照宮祭礼図巻」を読む(森玉僊画《東照宮祭礼図巻》など)、伊勢湾台風資料(当時の写真など)。「よみがえれ文化財」のテーマでは、寄附金で修復された銀箔の屏風・中林竹洞《草花図屏風》のお披露目がありました。
◆最後に
 展示室を1室だけ使った小規模な展覧会ですが、まとまった形で名古屋市博物館の収蔵品を見ることができます。
名古屋市博物館の帰り、山田餅本店に寄り道して、こしあんの柏餅(白い餅)と、つぶあんの柏餅(ピンク色の餅)を買って帰りました。絶品でしたね。
Ron.

展覧会みてある記「画家一族150年の系譜 ブリューゲル展」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

豊田市美術館で開催中(7/16まで)の「画家一族150年の系譜 ブリューゲル展」(以下「本展」)を鑑賞。平日の午前中にもかかわらず、駐車場は7割ほど埋まっていました。土・日だと満車になることがあるかもしれません。会場内では男女の二人連れと女性のグループが目立ちます。「大人が見る展覧会」という雰囲気です。
◆本展に登場する「画家一族」とは
「出品作品リスト」の表紙に印刷の「ブリューゲル一族の系譜」によると、ブリューゲル一族のうち本展出展作家は、父(ピーテル・ブリューゲル1世:1525/30-1569、以下、「ピーテル1」)、息子2人、孫2人、孫娘の夫、曾孫3人の計9人。なお、孫から曾孫までは全てピーテル1の次男(ヤン・ブリューゲル1世:1568-1625、以下、「ヤン1」)の子孫。ブリューゲル一族の作品には「父・子・孫・曾孫」の区別が分かる説明板が付いていますが、9人もいるので「ブリューゲル一族の系譜」も併せて見ることをお勧めします。
ちなみに、「芸術新潮」2017年12月号が42ページ掲載のマンガでブリューゲル一族の物語を紹介しています。あらすじは、「ピーテル1が40代の若さでこの世から去った時、二人の息子はまだ幼くて、祖母に絵を教わりながら成長。長男のピーテル・ブリューゲル2世(1564-1637/38、以下、「ピーテル2」)は職人を雇い父のコピー作品の量産に励んだものの、薄利で火の車。家を売って借金を返しました。一方、ヤン1は独自路線を開発して「花のブリューゲル」と呼ばれ、親友は、かのルーベンス(1577-1640)。共同制作もしました。ヤン1の絵は高価でその上大人気、おかげさまで裕福です。」というものでした。
父が活躍したのは16世紀の中頃、子が活躍したのは16世紀から17世紀にかけて、孫と曾孫が活躍したのは17世紀。17世紀には、ネーデルラント北部でレンブラント(1606-1669)やフェルメール(1632-1675)が、スペインでベラスケス(1599-1660)が活躍しています。
◆展覧会の構成
展覧会はテーマ別。「1 宗教と道徳」「2 自然へのまなざし」「3 冬の風景と城砦」「4 旅の風景と物語」「5 寓意と神話」「6 静物画の隆盛」「7 農民たちの踊り」の7章で構成され、ブリューゲル一族だけでなく同時代の画家の作品も展示されています。
◆第1章 宗教と道徳
この章では、主にピーテル1と同時代作家の作品を展示。ピーテル1が下絵を描いた銅版画が5点ありますが、どれも線描が細かく、拡大鏡が欲しくなります。拡大鏡なしで銅版画を見ていたら、目がショボショボしてきました。ブリューゲルの作品を下敷きにした《バベルの塔》もあります。
◆第2章 自然へのまなざし
主に風景画を展示。ピーテル1の作品は《種をまく人のたとえがある風景》だけで、ヤン1とその息子(ヤン・ブリューゲル2世、以下、「ヤン2」)の作品が中心。ヤン2《風景の中の聖母子と天使》は、風景もさることながら、花がきれいでした。
小さな画面(12.7×15cmなど)に風景を細密に描いている作品が多いので、ここでも拡大鏡が欲しくなります。
◆第3章 冬の風景と城砦
ピーテル2《鳥罠》など、「いかにもブリューゲル」という冬景色を描いた作品が展示されています。
◆第4章 旅の風景と物語
 ピーテル1の下絵による銅版画が3点。ピーテル1の作品をコピーしたヤン1の素描やヤン1の女婿ダーフィット・テニールス2世の作品も展示されています。
◆第5章 寓話と神話
ヤン1、バルトロメオ・カヴァロッツィ《花輪に囲まれた聖家族》は、聖家族よりも花の方が目立つという作品。ヤン1《地上の楽園》は色彩が鮮やかで、400年前のものとは思えません。ルーベンス工房の作品《豊穣の角をもつ三人のニンフ》が展示されているのは、ルーベンスがヤン1の親友だったからでしょうね。
◆第6章 静物画の隆盛
大理石に描かれたヤン・ファン・ケッセル1世(曾孫)《蝶、カブトムシ、コウモリの習作》と《蝶、コウモリ、カマキリの習作》は、本物と見間違うくらいの細密描写で、びっくりしました。本物と図版とでは、その迫力が全然違いますね。花の絵も素晴らしく、インスタ映えすると思います。(第6章と第7章は5月31日までの間に限り、写真撮影が可能!)
◆第7章 農民たちの踊り
この章はピーテル2が主役。特に、チラシや観覧券のデザインに使用されているピーテル2《野外での婚礼の踊り》は特等席に展示されています。
◆コッドピース(codpiece)のこと
ピーテル2《野外での婚礼の踊り》を見ていたら、「まあ、何、これ!」という声。隣の女性グループが、踊っている3人の男性のズボンの前に張り付けられた布切れを見て、発したものでした。いまどき、こんな格好のズボンを穿いた男性はいないですからね。
帰宅後ネットで調べると、14世紀から16世紀にかけて両足を覆う衣服は、現在のズボンとは違い、左右のパーツは後ろを縫い合わせただけで前は開いたまま。左右のパーツとは別の布切れ(コッドピース(codpiece)=股袋)で前を覆うという構造だったそうです。
現代のズボンの前開き構造は、パーツの裁断・縫製に手間がかかりますが、機能的です。偉大なる発明だったということでしょうね。
◆常設展もお勧め
常設展には、藤田嗣治《美しいスペイン女》が展示されています。現在休館中の愛知県美術館のコレクションも展示されているので見逃せませんよ。
                            Ron.

モネ、それからの100年

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:blogmember

4月25日から7月1日まで名古屋市美術館で開催中の「モネ、それからの100年」(以下「本展」)に行ってきました。

◆名古屋市美術館・第4回目のモネ展、切り口は「現代美術の生みの親」
会場に入ると大きなパネルに「つまり、モネは印象派ではなくあらゆる現代美術の生みの親ではないのか アンドレ・マッソン 1975年のインタヴュー」という文字。正面にはモネ《ヴィレの風景》(1886)と丸山直文《puddle in the woods 5》(2010)が並んでいます。
パッと見は2枚の抽象画ですが、しばらく目を凝らしていると、どちらも木々に囲まれた水辺の風景だと分かりました。「2010年の現代美術は、1886年の印象派の絵に触発されて描かれたのだよ。」と、語りかけてくる展示です。
キュレーターの意図が分かり、印象派の絵画と現代美術が共鳴して、頭の中で何かがはじけたような気持ちになりました。
名古屋市美術館・第4回目のモネ展は、「モネと現代美術の作品に、キュレーターの意図も響き合って、二度も三度も楽しめる展覧会」でした。

◆睡蓮のマークがついた「子ども向け?」の作品解説が秀逸
本展で目を惹くのは睡蓮のマークがついた作品解説です。「中学生以下無料」の展覧会ですから、「子ども向け?」に書き下ろした解説でしょうか。これが、いいんですよ。
例えば、モネ《海辺の船》(1881)の解説、タイトルは「砂浜の色に注目!」。確かに、モネは赤、青、緑、黄など様々な色の絵の具を使っていますね。
デ・クーニング《水》(1970)では「絵の具のかすれに注目!」、ルイ・カーヌ《彩られた空気》(2008)では「色の影に注目!」など、「余計なお世話」ではなく、鑑賞の勘所を教えてくれる有難い解説です。

◆章立ては四つ
 展示は4章。各章のタイトルは、Ⅰ.新しい絵画へ-立ちあがる色彩と筆触、Ⅱ.形なきものへの眼差し-光、大気、水、Ⅲ.モネへのオマージュ-さまざまな「引用」のかたち、Ⅳ.フレームを越えて-拡張するイメージと空間、です。
 Ⅱ.では、マーク・ロスコ《ボトル・グリーンと深い赤》(1958)・《赤の中の黒》(1958)やゲルハルト・リヒター《アブストラクト・ペインティング(CR845-5)》・《アブストラクト・ペインティング(CR845-8)》のように今までなら戸惑いを覚える作品でも、モネ《チャリング・クロス橋》(1899)・《テムズ川のチャリング・クロス橋》(1899)等を見た後では、「これもありだな」と受け入れることが出来たという、不思議な体験をしました。
 Ⅲ.は「積みわら」と「睡蓮」へのオマージュ。「睡蓮」は、Ⅳ.にも作品があります。なかでも福田美蘭《睡蓮の池》は夜の展望レストランを描いた作品なのですが、作品の前に佇んでいると、テーブルが睡蓮の葉に、都会の夜景が水面に見えくるのが不思議です。鈴木理策の写真《水鏡14、WM-77》・《水鏡14、WM-79》にも見入ってしまいました。

◆これって、「それからの100年」の例外?キュレーターの意図は?
 本展のチラシには、「それからの100年」という展覧会名について、次の文章が書かれています。
「モネが現在パリのオランジュリー美術館の壁画を飾っている睡蓮の大作に取りかかるのは、ちょうど100年ほど前のことです。画家が没した翌年の1927年にこの睡蓮の壁画が公開された時、人々の反応は今では考えられないほど冷淡なものでした。それから20年余、あまりに時代に先んじていたモネの斬新な絵画表現は次第に理解者を増やし、今ではマッソンの言葉通り、現代美術の出発点として位置付けられています。戦後アメリカの抽象表現主義の作家たちはいうに及ばず、21世紀の今を生きる作家たちにとっても、モネは尽きることのない創造の泉として生き続けているのです。」
 この文章のとおり、本展で展示されているモネ以外の作品は、ほとんどが第2次世界大戦後の制作。作家も20世紀の生まれです。ただし、例外が二人います。アメリカの写真家アルフレッド・スティーグリッツ(1864-1946)とエドワード・スタイケン(1879-1973)。作品の制作年も1892年から1933年。この期間は、モネが睡蓮の制作に取り組んでいた時期を含んでいる「同時代」であり、「それからの100年」には入りません。
 作品の解説にはスティーグリッツとスタイケンがモネの作品に関心を持っていたことが書いてあるので、二人にとってモネが「創造の泉」だったことはわかりました。スティーグリッツの写真には「大気」が、スタイケンの写真には「水」が写っており、「Ⅱ」のタイトルに合っています。また、歴史的な価値もある「いい写真」です。とはいえ、「それからの100年」に入らない、モネの生きた時代に重なる作家の作品をあえて展示したキュレーターの意図は何でしょうか?それを考えるのも本展の楽しみのひとつです。

◆「モネ、それからの100年」と「ボストン美術館の至宝展」のスタンプラリーも
 会場の1階から2階への階段を上がるとスタンプラリーの用紙が置いてあります。名古屋市美術館と名古屋ボストン美術館をめぐり、スタンプを押して応募すると抽選で各館20名にプレゼントが当たるとのこと。応募期間は5月24日(木)まで。
名古屋市美術館協力会(以下、「協力会」)会員向けの「ボストン美術館の至宝展」ミニツアー(5月20日(日)午前9時45分までに名古屋ボストン美術館へ集合)に参加すれば、ギリギリですが締め切りに間に合いますね。

◆最後に
 マンネリを打破するための「モネと現代美術を組み合わせる」という冒険、私の中では「成功」です。キュレーターさんに「あっぱれ」を差し上げます。
 モネも現代美術も見ごたえのある作品が展示されているので、お勧めです。

なお、5月13日(日)17時から協力会会員向けの「モネ、それからの100年」ギャラリートークが開催されますので、お知らせします。

Ron.

ボストン美術館の至宝展

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

2月18日から7月1日まで名古屋ボストン美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝展」(以下「本展」)に行ってきました。文字どおり、古代エジプトから現代までの4500年間に東洋、西洋で制作された数々の至宝を集めた展覧会でした。それだけでなく、収集者の写真、経歴などの紹介もあります。展覧会の概要は以下のとおり。先ず、3階から。
◆古代エジプト美術
展示品は《メインカウラー王頭部》(紀元前2490-2472)から《人間と雄羊と頭部型装飾の首飾り》(紀元前270-50)まで、時代の幅は2500年!もあります。出土地も、カイロ近郊のギザからヌビエ(スーダン)まで。古代エジプトが支配した地域の広さを再認識しました。また、後日、「ヌビエ人がエジプトを支配した時代があった」ということも知りました。
なお、《メインカウラー王頭部》の材質はトラバーチン。辞書には「緻密・硬質で縞状構造をもつ石灰石。水に溶けている炭酸カルシウムが沈殿してできたもの。」とありました。
◆中国美術
展示品は、北宋の皇帝・徽宗《五色鸚鵡図巻》を始め、陳容《九龍図巻》、周季常の五百羅漢図2幅など北宋・南宋の絵画。五百羅漢図の解説には「明治27年(1894)京都・大徳寺は五百羅漢図(全百幅)の一部をボストン美術館に貸し出し、その十幅がボストン美術館の所有となる。」と、書いてありました。
◆日本美術
 江戸時代の工芸、絵画を展示。チラシでは「170年ぶりの修理を経た巨大涅槃図、初の里帰り!」というキャッチコピーの英一蝶《涅槃図》始め、曽我蕭白《飲中八仙図》や喜多川歌麿《三味線を弾く美人図》を紹介しています。この外、岸駒、呉春など五人の絵師共作による二曲一双の屏風や与謝蕪村の屏風も見応えがあります。
◆フランス美術
「ボストン美術館のミスター&ミセス、そろって登場!」というキャッチコピーのゴッホ《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》と《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》を目指して4階へ。ミレー《洋梨》には「3点しか知られていないミレーによる静物画の一つ」、セザンヌ《卓上の果物と水差し》には「スポルディングのお気に入り」という解説がありました。モネの絵画4点は、どれも見逃せません。
◆アメリカ美術
展示室に入ると正面のパネルにオキーフ《グレーの上のカラー・リリー》。パネルの裏側には同じ作者の《赤い木、黄色い空》。どちらも具象画だけれど抽象画にも見える作品です。
◆版画・写真
 奥まったところに展示しているので素通りするところでした。写真は、さらに奥の部屋で、現代美術の《静物》(果物がカビに侵され、やがて崩れていく動画)と一緒に展示。
◆現代美術
展示作品はアンディ・ウォーホルや村上隆などの外、黒人の肖像画も。この作者=ケヒンデ・ワイリーについては、ネットのニュースが「オバマ大統領を描いた肖像画が2018年2月12日にスミソニアン博物館・国立肖像画美術館でお披露目された。」と報じていました。
                            Ron.

「回生の苗床」 光内惟奈 燃やせないもの 夢見たものは 展示室で解説を受ける会員たち プティパレ まずはエントランスホールでの解説 2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない