ボギー的美術鑑賞法 その10

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

毎年恒例の、春のツアーが29日に開催されます。
ゴールデンウイーク期間に、頼まれもしないのに、下見をしてきたので、その報告をします。ネタバレはしませんが、新鮮な気持ちで参加したい方は、読まないでください(苦笑)。

最初に行く国立国際美術館の「森村泰昌 自画像の美術史」は全作品とも写真が撮れます。どんどん撮りましょう。ただ、60分を超える長編映像があるのですが、今回のツアーでは、残念ですが全部観られないでしょう。

コレクション1では、1970~80年代にデビューし注目を浴びた関西の版画家たちを、また、田中一光ポスター展もやっています。正直、地味な感じです。

2番目に行く、大阪市立東洋陶磁美術館の「宮川香山展」では、4点ほど写真撮影が可能です。常設展では。中国や韓国の陶磁が展示されているので、宮川香山の作品と比較して観るのも面白いかもしれません。

この後は食事ですが、早く食べ終えた方向けの観光スポットには、大阪市公会堂や、大阪市立中之島図書館があります。京阪電車なにわ橋駅のアートエリアB1では、「ニューコロニーアイランド 2 災害にまつわる所作と対話」という写真と映像の展示(無料)をやっています。いずれもゆっくりと観る時間はないと思いますが、食後の運動がてらという感じでしょうか。

最後に行く、アサヒビール大山崎山荘美術館は導線がやや複雑です、建物の見どころ満載なので、作品と一緒に観るのがお勧めです。野外にも彫刻もあり、お庭も素敵なので、少し見学時間を残しておいて、そちらも観たいところです。以上、駆け足で私が観た感想などを書きましたが、参加者一人ひとりが自由に観ること基本であることは言うまでもありません。ただ、限られた時間の中で知っておいた方がよいと思うこと書いたつもりです。29日は天気もも良さそうですので、今から楽しみです。なお、急に暑くなりましたが、館内では寒く感じることがあるので、何か上着を持って行くことをお勧めします。

ボギー鈴木(自称、名古屋市美術館協力会最高顧問)

ボギー的、美術鑑賞法 その9

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

ほぼ、一年ぶりの投稿。この間何をしていたのかというと、名古屋市美術館のボランティア9期生の養成講座を受講していて、それで忙しかった。何とか採用されて、5月の常設展のガイドに向けて、猛勉強中。あいちトリエンナーレ2016の作品ガイドボランティアもやる予定なので、そちらも大変である。また、昨年中止になった、美術検定1級も、過去3回失敗しているので、こちらも何とか合格したい。結構、自分で自分を追い込んでいるのに、おかしさを感じる。たぶん私はドMなのだろう。

話は変わるが、昨年9月、協力会のミニツアーで岐阜県美術館の「ちいさな藤田嗣治展」を訪れた。詳細はRONさんの2015年9月30日の投稿を見てほしいが、その際に出品された油彩画と未公開の素描・版画など約30点が、所蔵先のいづみ画廊(名古屋市瑞穂区)で5月1日(日)~5月31日(火) 無休http://www.idumi-garo.com

で、アンコール「小さな藤田嗣治」展と題した展覧会で観ることができる。また、名古屋市美術館の「生誕130年記念 藤田嗣治展 -東と西を結ぶ絵画ー」では、いづみ画廊所蔵の「小さな主婦」が展示されるそうである。 興味がある方は足を運ばれてはどうだろうか。       

ボギー鈴木(名古屋市美術館ボランティア9期生)

ボギー的、美術鑑賞法 その8

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

 さらに話は続く。3月29日に岐阜県美術館に行った真の目的は、古川秀昭氏の館長退任記念講演会を聴きに行くためであった。古川氏は開館前の昭和54年、岐阜県美術館準備室の専門スタッフとして着任。昭和57年の開館以降、岐阜県美術館に勤務し、館の様々な活動に貢献してきた。学芸部長を経て平成15年に、岐阜県美術館館長に就任された。勤続35年。今年71歳。まさに岐阜県美術館の生き字引と言っても過言ではあるまい。多くの人が集まり、名残惜しそうにしていたのは、ただ長い間、岐阜県美術館に勤めていただけではなく、その間に古川氏に魅了された人が、いかに多かったのかを表しているように思えてならない。私と古川氏との付き合いは、3~4年くらいだが、それでも、かなり感化されている。個人的な話で恐縮だが、私は現在、岡崎市美術館協議会の委員をやっている。市民公募だ。古川先生は学識経験者として同委員で、その会議で初めてお会いした。気さくな方で、昨年の岐阜県美術館で開催された「熊谷守一展」は、古川先生と仲間数人と周り、お茶を飲み歓談したのも良い思い出である。古川先生は元々画家で、岐阜県美術館在職中にも作品を発表されている。来年には個展があるそうなので、そちらも楽しみにしたい。そして岐阜県美術館は、日比野克彦氏を新館長に迎える。4月5日にある講演会で、彼は何を語るのだろうか。

ボギー鈴木(岡崎市美術博物館協議会委員)

ボギー的、美術鑑賞法 その7

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

 4月12日のミニツアーについてさらに述べると、当日、私は名鉄で岐阜駅まで行き、岐阜バス1番乗り場から、11時26分発の市橋行きのバスに乗って岐阜県美術館に行く予定だ。料金は210円、所要時間は15分ほど。なぜJRでなく名鉄かというと、私の地元の最寄駅が、名鉄東岡崎だからだ。また岐阜県美行きのバスは一時間に1本、26分発で、13時開始のミニツアーで12時26分発のバスではあまり余裕がないと判断したからだ。そして12時前に美術館に着き、レストランで食事する予定である。なお、美術館内のレストラン「契褐苑キッカエン」(058-272-5072)はランチを800円でやっている。それもすべてドリンク付き(400円まで)だ。種類もパスタが4種類、カレー、定食もあり、なかなか魅力的だ。展覧会を観る前にランチを楽しむのも、悪くない選択だと思うのだが、いかがだろうか。

ボギー鈴木(岐阜県美術館後援会会員)

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト