ヨコトリ番外編(その1)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 21_21 DESIGN SIGHTで「そこまでやるか」展を見た。
チラシによれば、名古屋市美のコレクションにもあるクリストとジャンヌ=クロードやあいちトリエンナーレ(以下、あいトリ)にも出品していた石上純也氏や西野達氏の作品が出るらしい。ギャラリーで評判を聞くと、時間帯によっては入場制限のかかる作品もあるとか。

 混雑を心配しながら出かけてみると、ちょっと曇っていたためか、割に空いていた。インフォメーションで教えてもらった一番人気の作品の展示室に入ると、半透明で奇妙な形をしたものが、大きな枠と柱に固定されている。(ヌーメン/フォー・ユース)中央あたりの下側から作品の中に入れるようになっている。遊園地にあるバルーンハウスのような雰囲気が近いかも。素材はビニールテープなので、内部はとても滑りやすく、ぐらぐらと不安定だ。1度に2名しか登れないので、しばらくすると、静かに行列ができていた。

 この展覧会は、ほとんどの作品が撮影OKということで、本格的なカメラを持った観客が、あちこちでシャッターを切っていたが、一番カメラ密度が高かったのが白い円形の作品。(ジョルジュ・ルース)案内板に示された室内のある一点から眺めると、きれいな円形だが、横から見てみると・・・。見事に騙されてしまう。

 最後は、実現不可能性99%(西野達)。カプセルホテルと奇妙なシャンデリア。カプセルの中にはモニターとスマホの充電プラグが。これなら充電しながら、昼寝ができるかも。でも、ひっきりなしにお客さんがのぞいていくから、カプセルホテルの代用は無理だろう。

美術館にカプセルホテル

美術館にカプセルホテル

 インフォメーションに戻ると、朝は出ていなかった入場待ちのお知らせが。外に出ると、空がきれいに晴れていた。朝曇りのおかげで、かろうじて混雑を避けられたようだ。
 
杉山 博之

ヨコハマトリエンナーレ2017(その3)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 皆さんは、岐阜県美術館で、この春に開催された「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」をご覧になっただろうか。臨時のミュージアムショップの前に、巨大なふいごを使ったリコーダーの自動演奏装置があったこと、ロビーに響き渡るリコーダーの音色を思い出していただけるだろうか。

 BankARTの展示室で組立て作業中の作品に見覚えがあって、まさかと思いながら聞いてみると、なんと「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」に出品されていた「大霊廟」(安野太郎氏)と同型だった。しばらくして、作品がおおむね組みあがり、試奏を一緒に聞かせてもらった。岐阜県美の作品では電気モーターでふいごに空気を送っていたが、BankARTの作品では、人力でふいごを踏むので、演奏時間によっては、かなりの重労働になりそうだ。

 安野氏らと今回のヨコハマトリエンナーレの作品について話していると、ふと小沢剛氏の作品の話になり、そこで教えてもらったのだが、「帰ってきたxx」シリーズのコーラスアレンジは安野氏が担当しているとか。それを知らずに「帰ってきたxx」を見ていたときは、軽妙で楽しそうな音楽だなーと思って聞いていたが、そのバックボーンが「大霊廟」と教えられると、にわかに人の気配が薄れて行くように感じた。

BankART_大霊廟Ⅱ

BankART_大霊廟Ⅱ


 「大霊廟」については、もう一つエピソードが。岐阜県美術館の展示では、展覧会名に「CUBE」とあるように、作品サイズは4.8m(幅)×4.8m(奥行)×H3.6m(高さ)と決められていたが、「大霊廟」だけは天井を突き抜けていた。厳密にいえば、規定違反なのだろうが、こんなにおもしろい作品が失格にならなくてよかったと思う。
杉山 博之

「歴史と文化の街 ランスの魅力」ランス美術館展出張講演会2017.8.22(水)14:00~15:35 名古屋市博物館講堂

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

名古屋市美術館協力会の中村さんからのメールで「ランス美術館展 出張講演会」が開催されることを知り、「ゴジラ展」の入場者で賑わう名古屋市博物館まで足を運びました。
平日の開催にも関わらず、開場時刻の13:30よりも前から大勢の人が集まっており、講演会開始時の空席は僅か。隣の席から、「あんたが誘ってくれてよかったわ。講演会の話、どこで知ったの。」「『広報なごや』に載っとったがね。」「へー、私も読んだけど、ぜんぜん気が付かなんだわ。」という会話が聞こえてきます。この人も私と同じように、口コミで講演会の開催を知ったのですね。

◆ランス市、空からの眺め
講師は名古屋市美術館学芸係長の保崎裕徳さん(以下「保崎さん」)。ランス市制作の、空から撮影した市街地の動画で講演が始まりました。保崎さんによれば、ランス市公式ウェブサイトにある動画とのこと。
家に帰って、http://www.reims.fr/1150/reims-vue-du-ciel.htm とパソコンに打ち込んだら、講演会で見たときと同じ、大聖堂や市電、競技場、公園など2分14秒の動画を見ることが出来ました。ランス市は緑豊かで魅力的な街です。
◆ランス市の歴史と魅力
講演の前半は、ランス市にある三つの世界遺産「ノートル・ダム大聖堂」「トー宮殿」「サン・レミ聖堂」や、シャンパーニュ(=シャンパン)の名産地であることなど、ランス市の歴史と魅力の話でした。歴代25人のフランス国王がランス大聖堂で戴冠式を行った話、第一次世界大戦でランス市の80%がドイツの爆撃で破壊された話が印象的でした。(歴史地図を見ると、スイス国境から北海まで続く長い塹壕線がランス市の間際をかすめています。まさに、最前線の街でした。)
◆ランス美術館とランス美術館展(10/7~12/3)
保崎さんの話では、「ランス美術館はシャンパーニュ製造のポメリー社アンリ・ヴァニエの個人コレクションがランス市に寄贈されたことにより開館。コレクションでは17世紀から19世紀のフランス絵画が充実。ランス美術館展にはドラクロワ、コロー、ピサロなど70点が展示され、約30点が藤田嗣治の作品。会期中、学芸員の解説とG.H.マム社のシャンパンが楽しめる「シャンパーニュの夕べ」11/18(土)17:00~19:00(参加料:観覧料込5, 000円、当日現金払)などの特別鑑賞会も開催されます。」とのことでした。展覧会が楽しみです。
Ron.

ヨコハマトリエンナーレ2017(その2)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 天気がいいので、横浜美術館から赤レンガ倉庫まで歩いていこうと思っていたが、シャトルバスが空いていたので乗ることにした。やはり、楽ちん。

 赤レンガ倉庫で面白かったのは、小沢剛の「帰ってきたK.T.O」と宇治野宗輝の「プライウッド新地」。「帰ってきたK.T.O」は、昨年、「さいたまトリエンナーレ」で見た「帰ってきたxx」シリーズの新作。「プライウッド新地」はある種の電子楽器かな。大人よりも子供が一生懸命見ていた様子が印象的だった。
もし、これからヨコトリに行く場合、赤レンガ倉庫の滞在時間は多めに予定することをお勧めする。見ごたえのある映像作品が多いので。
プライウッド新地
 この後、赤レンガ倉庫からBankARTに移動するが、そこで「帰ってきたxx」と「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」の意外な接点を知ることになる。
そのレポートは(その3)で。

杉山 博之

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト