行ってみました:「北斎 だるせん!」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 名古屋博物館で開催中の「北斎 だるせん!」(以下「本展」)に行ってきました。北斎が200年前に名古屋で描いた「大だるま」を中心にした展覧会で、「だるせん」は「だるま先生」の略。11月24日付け中日新聞1面「即興 北斎大だるま」という記事は、本展関連イベントの報道です。(11月25日にも続報)
なお、大だるまを描く様子は中日新聞HPの動画ニュースで見ることができます。

◆北斎漫画、大だるま、冨嶽三十六景
 本展は、「Before 名古屋」「北斎、漫画を描く」「北斎、大だるまを描く」「名古屋の仲間たち」「After 名古屋」の五章で構成。みどころは1回目の名古屋訪問(1812)が契機になって出版された「北斎漫画」(第2章)と、2回目の名古屋訪問(1817)時の「大だるま」(第3章)、《冨嶽三十六景 尾州不二見原》(第5章)。
第2章では、「北斎漫画」第1編は名古屋滞在中に北斎(1760-1849)が描いた絵をもとに永楽屋東四郎(名古屋)と角丸屋甚助(江戸)によって出版されたこと、第15編は北斎没後の明治11年(1878)に名古屋の画家・織田杏斎が補筆して出版されたことなど、色々と勉強になりました。第3章では、「大だるま」や北斎が使った大筆が再現され、写真撮影もできます。第5章の《冨嶽三十六景》は、「青色」が印象的でした。また、《尾州不二見原》の解説に「桶がなかったら、何とも間抜けた絵」と書いてあり、北斎の画面構成力を再認識しました。
本展では「江戸時代から、名古屋の富士見原から冨士山が見えるかという論争があった」という説明もあります。論争の決着については展示室でご確認ください。

◆芸術新潮・日経新聞にも北斎の記事
芸術新潮(2017.11月号)の特集は「北斎漫画」を取り上げており、日経新聞(2017.11.18)の文化欄に「北斎の画業・影響 深まる国際研究」という記事がありました。特に、日経新聞の記事では、本展に展示されている北斎《おしをくりはとうつうせんのづ》、《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》とスーラ《尖ったオック岬、グランカン》、セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》との関係について触れ、「北斎没後160年余り。巨匠の画業への注目は、さらに世界各地へと広がろうとしている。」と、締め繰っています。
本展は、必見です。

◆スタンプ・ラリーも
 本展は名古屋ボストン美術館で開催中の「鈴木春信展」との間でスタンプ・ラリーを実施しており、応募すると抽選で景品がもらえます。市バスで往復できるので、スタンプ・ラリーもお忘れなく。
Ron.

映画『ゴッホ~最期の手紙~』

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 先日、未公開映画の特別上映会がありました。映画の題名は『ゴッホ ~最期の手紙~』(原題:LOVING VINCENT)。英国・ポーランド共同制作・96分のカラー作品で、一旦実写撮影した映画をゴッホ・タッチの油絵アニメーションに再構成したアート・サスペンスです。
ストーリーは、ゴッホの死から一年後、郵便配達人の息子アルマンが「ゴッホの最期の手紙」を届ける旅の先々で様々な人からゴッホについての話を聞き、ゴッホの死の真相に迫るというもの。
重く切ない話ばかり続くので居ても立ってもいられないはずなのですが、「謎解き」の面白さと、ゴッホの油絵に描かれた人物がゴッホの絵の中を動き回るという衝撃で、映画の中にぐいぐい引き込まれます。最後に少しだけ、「救い」もありました。
映画のURLはwww.gogh-movie.jp。「ゴッホ 最期の手紙 映画」と入力しても検索できます。11月3日からイオンシネマ名古屋茶屋(港区)で公開。
お勧めです。
なお、エンドロールで、登場人物と、映像の元になった作品が紹介されますので、最後まで席を立たないでくださいね。

追伸
Youtubeの「イッセー尾形とゴッホのおとぼけコラボ!? 動く油絵 特別篇/ 映画『ゴッホ~最期の手紙~』特別映像」は、クスっと笑える動画でした。
また、https://www.youtube.com/watch?v=0CQKHWvK8Ro 始め、複数のメイキング映像(英語版)がありました。
Ron.

ボギー的、美術鑑賞法 その11

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

 ボギー鈴木フアンの皆様(そんなのいるのか?)ごぶさたしております。自称、名古屋市美術館協力会、最高顧問のボギー鈴木です。今週は天気が悪く、遠出は難しそう。ならば近場で楽しめるところを紹介しましょう。それは、名古屋市美術館。な~んだなんて言わないでください。ランス美術館展も既に観られた方もいるでしょうが、10月22日(日)は、常設展が無料開放です。そして、11時と14時からはボランティアによるガイドツアーに加えて、10時、13時、15時には「美術館の彫刻ガイド/建物ガイド」が実施されます。参加費は無料で、彫刻/建物のどちらかを選んで参加できます。つまり時間帯をずらせば、両方に参加も可能で、欲張りな方(失礼)は、常設展のギャラリートークにも参加でき、名古屋市美術館を堪能できるわけです。なお、当日は英語によるガイドも実施されますが、そちらは日本語を母国語としない方が対象なので、たぶん日本人である私は参加できないでしょう。ボギー(Bogie)なのに。

 詳細については、名古屋市美術館のホームページをご覧ください。10月22日(日)は、名古屋まつりがあり、衆議院選挙あります。期日前投票をした私は、一目散に名古屋市美術館へ。当日の天気だけが心配なのですが。

ボギー鈴木(自称、名古屋市美術館協力会最高顧問)

ヨコトリ番外編(その1)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 21_21 DESIGN SIGHTで「そこまでやるか」展を見た。
チラシによれば、名古屋市美のコレクションにもあるクリストとジャンヌ=クロードやあいちトリエンナーレ(以下、あいトリ)にも出品していた石上純也氏や西野達氏の作品が出るらしい。ギャラリーで評判を聞くと、時間帯によっては入場制限のかかる作品もあるとか。

 混雑を心配しながら出かけてみると、ちょっと曇っていたためか、割に空いていた。インフォメーションで教えてもらった一番人気の作品の展示室に入ると、半透明で奇妙な形をしたものが、大きな枠と柱に固定されている。(ヌーメン/フォー・ユース)中央あたりの下側から作品の中に入れるようになっている。遊園地にあるバルーンハウスのような雰囲気が近いかも。素材はビニールテープなので、内部はとても滑りやすく、ぐらぐらと不安定だ。1度に2名しか登れないので、しばらくすると、静かに行列ができていた。

 この展覧会は、ほとんどの作品が撮影OKということで、本格的なカメラを持った観客が、あちこちでシャッターを切っていたが、一番カメラ密度が高かったのが白い円形の作品。(ジョルジュ・ルース)案内板に示された室内のある一点から眺めると、きれいな円形だが、横から見てみると・・・。見事に騙されてしまう。

 最後は、実現不可能性99%(西野達)。カプセルホテルと奇妙なシャンデリア。カプセルの中にはモニターとスマホの充電プラグが。これなら充電しながら、昼寝ができるかも。でも、ひっきりなしにお客さんがのぞいていくから、カプセルホテルの代用は無理だろう。

美術館にカプセルホテル

美術館にカプセルホテル

 インフォメーションに戻ると、朝は出ていなかった入場待ちのお知らせが。外に出ると、空がきれいに晴れていた。朝曇りのおかげで、かろうじて混雑を避けられたようだ。
 
杉山 博之

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara