河村るみさんをお招きした「作家を囲む会」のことなど

カテゴリ:作家を囲む会 投稿者:editor
河村るみさんをお迎えして

河村るみさんをお迎えして

 現在、名古屋市美術館地下1階の常設展示室3で開催中の「介(かい) - 生と死のあいだ」でインスタレーションとパフォーマンスを発表している作家、河村るみさんをお招きした「作家を囲む会」が2月5日(日)午後5時から、名古屋市美術館1階 ”Sugiura Coffee” で開催されました。当日のゲストは河村さんと、お友達3名、市美の笠木学芸員の5名。協力会の会員は18名。気がついたら、2時間が過ぎていました。河村さん始めゲストの皆様ありがとうございました。

簡単に、自己紹介タイムです

簡単に、自己紹介タイムです

◆河村さんのお友達について
 お友達は、河村さんが活動している共同アトリエAMR(art media room)(長者町トランジットビル4階)の作家・浅井雅弘さん、デザイナーの山田梨紗さん、京都在住の作家・山元ゆり子さんです。河村さんから頂いたカード ”AMR MKY 2016” に書かれていたurl http://artmediaroom.jimdo.com/ にアクセスしたら、AMRのメンバーの写真や経歴などがアップされていました。

るみさんとお仲間、笠木学芸員

るみさんとお仲間、笠木学芸員




カフェのすぎうらさんからケーキの差し入れも!見よこの笑顔

カフェのすぎうらさんからケーキの差し入れも!見よこの笑顔


河村さん自らケーキを切り分けてくれました

河村さん自らケーキを切り分けてくれました

◆アーティスト・トークも
当日は、午後2時から常設展示室3で河村さんのアーティスト・トークも開催されました。私は別の予定があって参加できませんでしたが、参加した会員の話では「質疑応答で盛り上がった。」とか。パフォーマンスの話だけでなく、介護の話でも質疑があったようです。(河村さんのパフォーマンスは、お母さんの介護を経て看取った時に感じたことを表現したものだそうです。)

◆会期中は毎日、パフォーマンス
 2月26日(日)までの会期中は、毎日、午後4時から河村さんのパフオーマンスを鑑賞することが出来ます。見に来てくださいね。
 パフォーマンスは、河村さんが常設展示室3に入ってきて丸イスに座り、コップの氷水を飲み、口の中から氷を一つ取り出して右の手の平に受け、その氷が溶けるのを眺め、氷が溶けたら立ち上がって退場するというものです。生身の河村さんだけでなく、その映像が時間も場所も少しずつズレながら3回投影されて、壁面に蓄積されるので、不思議な気持ちになります。丸イスが置いてある場所も毎日少しずつ、向かって右にズレて行きます。なお、当日は「一回りして」最初の位置に戻っていました。
 パフォーマンスの後、観客の一人から「ご本人が登場したのは2番目だったのに、退場は最後だったのはどういう理由ですか。」と質問がありました。答えは「氷が溶けきるまでの時間が、その度に違う。今日は溶けるのに時間がかかったので、最後の退場になった。」とのこと。なるほど、そうだったんですか。
Ron.

佐藤克久さんを招いての「囲む会」

カテゴリ:作家を囲む会 投稿者:editor

「あいちトリエンナーレ2016」名古屋市美術館会場の出品作家、佐藤克久さんを招いた「作家を囲む会」が10月9日(日)午後5時10分から、名古屋市美術館1階 ”Sugiura Coffee” で開催されました。当日のゲストは佐藤さんの外、作家の森北伸さん(県芸文センターB2、名駅 JPタワー名古屋2F貫通通路に出品)、アーキテクトの栗本さん、市美の山田学芸課長の4名。協力会の会員は18名。和気あいあいのうちに「囲む会」は終了。ゲストの皆様、会員からの様々な質問に対し気軽に受け答えをいただき誠にありがとうございました。以下、その一部を紹介させていただきます。

◆「題名が先か」「作品が先か」
歓談の途中、市美の山田さんからクイズが出題されました。「佐藤さんの創作スタイルは、①題名を決めてから作品を創る、②作品が出来てから題名を考える、のどっちでしょう。」という問題。挙手は①7名、②11名。佐藤さんの答えは「状況による。どっちもありだけど、②の方が多いかな。」でした。ならば、選択肢にない「両方」が正解?それとも、②が11①が7なので「会員全体で正解」?

山田さんのクイズに考え込む参加者たち

山田さんのクイズに考え込む参加者たち


◆奈良美智と二人で、自分の合格発表を見た
 森北さんは、愛知県立芸術大学入学時のエピソード。高校時代の先生が、あの奈良美智。一緒に合格発表を見に行ってくれただけでなく、「合格」と分かったら、その足で大学の教官の所まで行って一緒に挨拶してくれたそうです。
ごちそうを前に話が弾む会員たち

ごちそうを前に話が弾む会員たち


◆今回のトリエンナーレで大変だったこと
 アーキテクト(トリエンナーレ会場の設営、動線計画などを担当する人)の栗本さんは建築畑の人。今回苦労したのは長者町会場、展示場所となる複数の建物が取り壊し予定で、取り壊しスケジュールと展示スケジュールとのすり合わせが大変だったそうです。当日は「これから打ち合わせがある。」ため、途中退席。

◆展覧会を見るだけでなく、作品の購入も
 市美の山田さんからは、「展覧会に行くだけでなく、作家の作品で気に入ったものがあれば、是非、買い上げてください。」と、会員へのお願いがありました。
◆なお、「囲む会」では、以上のほか2件の「お知らせ」がありました。
○佐藤克久さんの個展
場所:See Saw gallery + hibit (名古屋市瑞穂区蜜柑山2-29) 日時:10/29まで
○Sugiura Coffee 「おいしいコーヒーの淹れ方」ワークショップ
日時:11/20 PM4:00 から  場所:名古屋市美術館1階 Sugiura coffee
会費:1,000円 (二杯分のコーヒー豆とケーキが付きます)
申込:Sugiura coffee  (協力会会員は、事務局への連絡でも可)
           Ron.

ポジション2016 作家を囲む会

カテゴリ:作家を囲む会 投稿者:editor

 新年おめでとうございます。本年も名古屋市美術館協力会をよろしくお願いいたします。

乾杯の音頭をとる佐々木会長

乾杯の音頭をとる佐々木会長


正月気分もまだ抜けきらない1月10日に、恒例の作家を囲む会が催されました。
今回の展覧会は、若手の作家を集めたポジション展。囲む会にもたくさんの作家さんが参加してくださいました。
普段、作家さんと話をする機会はなかなか持てません。しかしこの会では、作家さんと個人レベルの話をすることができるので、毎回楽しみです。

今回は2013年のトリエンナーレ出品作家でもある、米山より子さんとお話しさせていただきました。
彼女の作品は、絹糸にごはん粒を貼り付けて、まるでクリスタルのような輝きを生みだした糸を、何百本も吊るして幻想的な空間を作り出したインスタレーション。私も及ばずながら制作に加わらせていただいたので、ひと際思い入れのある作品でした。ご本人はとても気さくな方で、嬉しいことに私のことも覚えていてくださいました。また機会があればお手伝いさせていただきたいと思っています。

いつもながら、会員の皆さんが差し入れてくれる高級酒と、おはなカフェのお料理に大満足したひと時でした。
Izumin

今回も、おはなの伊藤さん手作りのお料理

今回も、おはなの伊藤さん手作りのお料理


おいしい料理に場も盛り上がります

おいしい料理に場も盛り上がります


作家のみなさんにもお話してもらいました

作家のみなさんにもお話してもらいました

「ポジション2014」アーティストトークと作家を囲む会

カテゴリ:作家を囲む会 投稿者:editor
作家伊藤正人さんを囲んで

作家伊藤正人さんを囲んで

◆「ポジション2014」 伊藤正人「水性であること」
 現在、名古屋市美術館では、名古屋市とその近隣地方を拠点に活躍する作家を取り上げる≪ポジション展≫として、伊藤正人さん(1983~)の「水性であること」を、地下1階の常設展示室3にて12月3日(祝)まで開催しています。
 先日、作品を見ようと展示室入口に立ったところ、何も展示してないのでびっくりしました。受付の人に聞くと「作品は展示されています。」というので、半信半疑で奥の方に進んでいくと、壁に小さな水色の文字が波打つように横書きで書かれています。書かれているのは、散文詩のようです。
 文字を読むには壁に近づかなくてはなりません。上の方に書かれた文字を読んでいると首が痛くなるので、少し下がると、文字列が山の稜線のように見えます。すると、入口近くまで下がっても、さすがに文字は判読できないものの、壁に描かれた線がはっきりと見えます。「入った時には見えなかったものが、今では見える。」という、不思議な体験ができますよ。
◆アーティストトーク
 作家に興味を持ったので、11月15日(土)に開催されたアーティストトークに参加しました。自分の心の中を見つめながら注意深く話す、伊藤正人さんの姿が印象的でした。
 市美術館学芸員の角田美奈子さんが「なぜ、万年筆を使い、ロイヤルブルーのインクで壁に文字を書くという表現を始めたのですか。」と問いかけたところ、「早朝の、東京・青山の公園のベンチに座って目の前の景色を文章で綴ってみた。すると、目の前のことを文章で書くことに「もどかしさ」の感覚を覚えた。それが、今のような表現を始めたきっかけ。」と答えが返ってきました。
 また、「今までは、ずっと四畳半くらいの狭い空間の中で表現してきた。今回、今までの個展すべてを足したよりも広い空間を与えられた。文字を読んでもらえるか不安だったが、作品に「うごき」が出て、「跳び越えた」という感覚を覚えた。」とも、話されていました。
なお、書いているものは「詩ではなく、目に見える景色(風景ではない)を詩情を挟まず、客観的に描写したもの。」とのことで、伊藤さんは、文学者であり、視覚の芸術家でもあるという、ジャンルを超えたartistです。
お料理を囲んで、会長のあいさつ

お料理を囲んで、会長のあいさつ

◆作家を囲む会
 アーティストトークの当日、午後5時から、伊藤正人さん、伊藤さんのパートナーである吉田知古(よしだ・ともこ)さんと学芸員の角田美奈子さんをお招きして、市美術館1階の「おはな」で名古屋市美術館協力会主催の「作家を囲む会」を開催しました。軽食、ソフトドリンク、アルコール類等を楽しみながら、様々な話題が飛び交いました。
ある協力会員が、「壁に文字を書くという以外に、どんな創作活動をしていますか。」と質問したところ、「最近は、古い家具に文字を書いてほしいとか、民家を解体した古い材木に文字を書いてほしいなどの注文がある。」とのお答え。吉田さんは、「展示の準備として、常設展示室3の壁の穴を埋め、礬砂(ミョウバンとニカワを混ぜたもの)を塗り、サンドペーパーをかけて滑らかにするという作業を、仲間でやった。疲れたけれど、楽しかった。」などの裏話を披露されました。
 会期が終わると、壁に書いたロイヤルブルーの文字は「水を含ませた布で拭って消す」とのことで、作品はこの世から消えて無くなります。見るなら、今のうちです。
   Ron.
作家、パートナーさんと角田学芸員

作家、パートナーさんと角田学芸員

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト