卒展、修了展 (名古屋芸大)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

「Inferno」藤原 葵

 今年も近隣の卒展、修了展を見に行った。よく晴れた風の強い日だった。最寄りの駅からシャトルバスで10分ほどで会場に到着。総合案内で簡単な説明を受け、時計回りに展示を見始めた。

 アート&デザインセンターで展示されていたのは、地色の赤と中央部のレモンイエローが印象的な巨大な作品(2.59m x 5.82m)。描かれているのは爆発シーン。見ていると音まで聞こえて来そうな迫力で、よく見ると、写真のように停止した一瞬ではなく、コマ送りの画面を重ね合わせたように前後左右に躍動感のある画面構成になっている。

会場にて「inferno」

会場にて「inferno」

 爆発する芸術を見るのは初めてではないが、それにしても、中央部のレモンイエローの明るさと、前後に弾けるような緑色の帯の躍動感でめまいがしてきそうだ。その後、展示室にいた作家に話を聞いておもしろかったのは作品の移動に関するエピソード。作品サイズが大きいので、移動にはとても気を使うそうで、風のない晴れた日しか移動できないらしい。今日のように風が強いと、作品がヨットの帆布のようになり、室内から出た途端、運び手を柱や壁に打ち付けてしまうそうだ。

 穏やかに晴れた風のない昼下がり、芸大の中庭の芝生の上で、この作品を運ぶ情景を想像すると、凶暴な爆発シーンとのミスマッチにユーモアを感じた。刺激的な展示だった。

名古屋芸術大学卒業・修了展
2019年3月3日まで

杉山 博之

展覧会見てある記 「美術のみかた自由自在」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

今回の展覧会は、碧南市藤井達吉現代美術館の北川智昭・特別主任学芸員(以下「北川さん」)から教えていただいたものです。先日参加した、協力会の「佐藤玄々展」ミニツアーで、北川さんが玄々のデビュー作《永遠の道(問答)》の解説をするときに豊橋市美術博物館で開催中の国立国際美術館コレクション展「美術のみかた自由自在」(以下「本展」)のチラシを使ったのです。チラシの表面に刷られたロレッタ・ラックス《アイルランドの少女》の実物が見たくなり、本展に行ってきました。
◆目的の作品は
目的の作品は第2章「表層と深層」(特別展示室)に展示されていました。実物は38cm×42㎝で、チラシの約2.5倍の寸法。解説によれば、撮影した写真をコンピューターのモニター上でデジタル合成して制作したものです。北川さんが解説されたとおり、二人の少女は「何を見ているかわからない」という表情です。人工的すぎるのか、二人の少女はどちらも「現実感が無い」という不思議な作品でした。
◆外に気になった作品は
第2展示室(第1章「イメージと物質」)の床に段ボールが無造作に置かれていたので何かなと思ってみていたら、独り言を話し始めました。島袋道浩《箱に生まれて》は箱の中に誰かが入っているように感じる作品です。
これも第2展示室ですが、ゲルハルト・リヒター《フィレンツェ》が4点展示されています。作家がフィレンツェの風景を撮影した写真にカラフルな油絵具を塗り重ねた12㎝×12㎝の小さな作品です。地の写真は4点とも同じですが、油絵具の彩色は1点1点異なります。見ていると、地の写真のイメージと油絵具のイメージが交互に入れ替わるような感覚を受けます。
第3展示室(第2章「表層と深層」)には、有名なアンディー・ウォーホル《版画集『マリリン』》から4点が展示されています。名古屋市美術館で開催中の「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」にも男性のボクサーの写真をもとにしたシルクスクリーンの作品が展示されていました。ウォーホルの影響はとても大きかったのですね。
展示室出口のテレビモニターで上映している15分のヴィデオ作品=アラヤー・ラートチャムルーンスック《ミレーの《落ち穂拾い》とタイの農民たち》は《落ち穂拾い》を見ている農民のおしゃべりを撮ったものです。日本語訳した字幕は「どんな虫をさがしているの」「奥のわらが崩れたら大変」「この人たち、背が高くてやせていてうらやましい」などという内容。クスッと笑ってしまいました。「ふたつの惑星」というシリーズの一つですが「農民のおしゃべりと自分のブログは大差ないな」と思いました。
◆最後に
 帰りに見たら、豊橋市美術博物館の入り口に「天皇陛下御在位三十年を記念する慶祝事業の一環として2月24日(日)に『美術のみかた自由自在』を無料開放します」という貼紙がありました。豊橋市は太っ腹ですね。なお、会期は3月24日まで。
         Ron.

展覧会見てある記 「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

現在、名古屋市美術館(以下「市美」)で「辰野登恵子 ON RARERS:A Retrospective 1969-2012」(以下「本展」)を3月31日までの会期で開催しています。英語の副題のとおり、画家・辰野登恵子(1950~2014)の40年余の道筋をたどる回顧展です。
辰野登恵子は本展のチラシや新聞・雑誌の記事で初めて知った作家ですが、「豊麗な色彩と力強い形態の抽象表現で、現代絵画のトップランナーとして活躍した作家である」と、日本経済新聞(以下「日経新聞」)の展覧会評(2018.11.28)が誉めていたので、本展が市美に巡回するのを心待ちにしていました。
先日、本展を見てきましたので展覧会の構成、感じたことなどを書いてみます。

◆日経新聞の誉め言葉はウソじゃなかった
本展の内容は期待以上のものでした。展覧会は年代順に「Ⅰ」から「Ⅷ」までの8章で構成され、入口のある2階にⅠからⅣを、1階にⅤ・Ⅵ・Ⅷを、地下1階にⅦを展示しています。章が変わるたびに作風が変化し、日経新聞の「豊麗な色彩と力強い形態の抽象表現」という言葉どおりのⅥ以降も、さらに作風の変化が続いていることに驚きました。今後も作風の変化を見せてくれると思われるだけに、作家が64歳で急逝したことは返す返す惜しまれます。
作風の変化を文章で表現しようと思ったのですが、残念ながら力不足で書けません。本展にお越しいただき、展示室でご覧くださるようお願いいたします。

◆展示室の壁に作家の文章・言葉(解説は出品リストに)
 本展では展示室に解説がなく、そのかわりに作家の文章・言葉が書かれており、作家と対話しながら鑑賞しているような気持ちになります。
なかでも、Ⅰの“筆で描く時の「もたもた感」がすごくいやだった。とにかく版画という手段、特に写真製版というのは、全面的というわけじゃないけど、ある程度はその手垢のようなものを消すことができるから”という文章が印象的でした。「“「もたもた感」がすごくいやだった”ってどういうこと?写真製版に求めたのはサクサク感?スマートな表現?」などと、あれこれ考えながら作品を見ていきました。
 なお、本展の解説は出品リストに書いてあります。各章ごとに解説が付いた8ページもある立派なもので、鑑賞の手助けをしてくれます。

◆最後に
 「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」の協力会会員向けギャラリートークが、3月3日(日)午後5時から開催されます。講師は名古屋市美術館の清家学芸員で、市美2階講堂に集合という案内が届きました。
ご覧のブログサイトから申し込みできます。参加しませんか。
         Ron.

わくわくArtの日 2018

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

(ちょっとブログにアップするの遅れましたので、昨年の行事です。ごめんなさいby事務局)
 10月21日(日)に名古屋市美術館に行って来ました。お目当ては、「わくわくArtの日」。、これはボランティアによる名古屋まつり特別企画で、美術館ボランティアと一緒に楽しみながら、作品鑑賞をする企画です。

 その内容は4つに分かれ、開館日には毎日開催されている常設展ギャラリートークに加え、「建物・彫刻ガイド」、「アートカードで遊ぼう!」、「英語ギャラリートーク」が開催されました。「建物・彫刻ガイド」は日本を代表する郷土の建築家・黒川紀章の設計による名古屋市美術館の建物と彫刻をガイドするもので、計3回行われ、ボランティアの説明を聞きながら、建物を野外から観察したり、野外彫刻を鑑賞しました。普段はなかなか美術館の外を歩くことはないので新鮮な感じで、天気も良く最高でした。続いて「アートカードで遊ぼう!」に参加しました。これも計3回行われ、時間をずらせば他の企画との併用もできるところがいいですね。

「アートカードで遊ぼう!」は、美術館にある作品を写真にした「アートカード」を使ってゲームを楽しむもので、最初にボランティアの方に、作品の一部分を拡大した写真を見せられて、テーブル一面に広げられた60枚前後のカード中から、どの作品の一部かを探しました。見慣れている作品でも案外とわからないもので、2作品をやったのですが、いずれもかなり時間を使いました。その後にボランティアの方と一緒に常設展示室で作品を確認。作品を観る時は、細部まで観なければいけないと痛感させられました。

常設展ギャラリートークは少しだけ参加、この日は無料公開日のせいか大盛況でした。

 「英語ギャラリートーク」は日本語を母語としない方に、常設展の中から作品を選んで、英語でギャラリートークをするもので、日本人である私は参加できませんでした(苦笑)。

 常設展ギャラリートーク以外は、年に1回、この時にしか体験できないので、貴重な経験をさせていただきました。そして何より、運営されているボランティアの方々の熱意と真摯な態度に心を打たれました。機会があれば、来年も参加したいと思います。

ボギー鈴木(自称、名古屋市美術館協力会テクニカルディレクター)

会場にて「inferno」 解説してくださった特別主任学芸員の北川智昭さん、ありがとうございます 2018ArtLabTokyoここにもアートラボ 石切り場 前室にて 音のアーキテクチャ トンネルでピクニック 佐川美術館 ギャラリートークの様子 展示会場で話をきく会員たち 泉屋博古館にて まずは講堂でレクチャを聴く会員たち 会長の乾杯の音頭に合わせて、いただきます! 「回生の苗床」 光内惟奈 燃やせないもの