ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:members

御園通沿いから本重通沿いの中区錦二丁目15-5に移転、新築した「伏見ミリオン座」でナチスドイツの絵画略奪をテーマにした映画「ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」を上映しています。絵画略奪というテーマに興味を惹かれ、早速、見てきました。

映画は、冒頭で「60万点が奪われ、いまだに10万点が行方不明。文化の破壊の背景は、反ユダヤ主義によるホロコースト。所有していたユダヤ人は強制収容所に送られた」と、絵画略奪の全体像を示した後に、略奪の過程や奪還のエピソードを紹介していく、という構成です。情報量が多く、目まぐるしい展開でした。

映画によれば、ヒトラーの野望は故郷近くのオーストリア・リンツにルーブル美術館級の美術館を建設することと、ユダヤ人画商が支配するモダン・アート(印象派、表現主義、フォーヴィスム等)の排除でした。絵画略奪の元凶はヒトラーですが、映画はヒトラーの側近・ゲーリングの悪辣ぶりを「これでもか」というほど描いています。ゲーリングは貴族的生活にあこがれ、ステイタスシンボルとしての美術品収集と金(かね)に執着。略奪した美術品の多くを独り占めして、ヒトラーには一部しか渡していなかった、との解説でした。

映画では、略奪された美術品を奪還することの難しさも語られます。迫害を逃れて出国するために二束三文で美術品を手放した場合は「合法的な取引」となります。また、多くの所有者は強制収容所で死亡し、所有権の証明すら困難です。一方、美術館の所蔵品になっている場合は、公共の利益と元の所有者の権利を秤にかけるという、難しい判断が必要になります。ナチスの絵画略奪には多くの画商や美術史家などが協力しており、「一握りの悪人が弱い人々を利用していた」という解説は悲しいものでした。

この外に興味深かったのは、「退廃芸術」とされたモダン・アートのゆくえです。モダン・アートを集めた「退廃芸術展」は1937年から1941年までドイツ13都市を巡回後、ナチスドイツの資金を得るためにスイスのオークションを経由してアメリカに流れ、美術館や画商のもとに収集されたというのです。ゴッホ《坊主としての自画像》もアメリカ・マサチューセッツ州のハーバード大学フォッグ美術館の所蔵品となりました。

フランスの画商・ローゼンベルクのエピソードも興味深いものでした。ナチスの迫害を逃れるため、アメリカに亡命したローゼンベルクはMoMAと提携します。これが、モダン・アート市場の中心がパリからニューヨークに移った契機というのです。

なお、題名の「ピカソ」は、映画の最後に出てきます。「ゲルニカ」について語った言葉が紹介されますが、どんなことを語ったかは映画館でお確かめください。

Ron.

吉野石膏コレクションの楽しみ方

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

 「ぶらぶら美術・博物館」(BS日テレ)や「出没!アド街ック天国」(テレビ愛知)などでお馴染みの美術評論家・山田五郎さん(東京国立博物館評議員という紹介もありました)のアートトークが開催されました。会場は中区役所ホール。500人収容の会場ですが、応募は1500人だったとのことです。

アートトークでは最初に「いろんな展覧会に貸し出されているので、目にした作品があると思う。今回の展覧会ではその全貌を見ることができます」と、吉野石膏コレクションの紹介があり、続いて、モダン・アートの歴史と有名な作品、今回の展覧会の主な出品作の見どころなどについて解説がありました。

解説は「印象派とは何か」に始まり「古典主義」「ロマン主義」「バルビゾン派」「ポスト印象主義」「フォーヴィスム」「エコール・ド・パリ」まで、とても楽しく、時間の経つのを忘れさせるものでした。最後に、名古屋市美術館の常設展に展示している藤田嗣治《ベルギーの婦人》の紹介もありました。

アートトークの中では、ドラクロア《民衆を導く自由の女神》について「おっぱいを出さないと女神にならない」とか、モネ《サン=ジェルマンの森の中で》については「秋ではなく初夏の風景」とか、「ピカソは天才だが、女性遍歴はひどい」など、会場を笑いに包む面白い話がいっぱいありました。

アートトーク終了後、深谷克典・名古屋市美術館副館長から4月30日(火)PM9:00放送の「ぶらぶら美術・博物館」(BS日テレ)と5月3日(金・祝)AM6:15~6:30放送のテレビ愛知・特別番組の外、山田五郎さんの近著「知識ゼロからの近代美術入門」2019年3月15日発行 株式会社幻冬舎刊 (定価1,300円+税)の紹介がありました。なかでも「知識ゼロからの近代美術入門」については「山田五郎さんのアートトークの内容が詰まっており、人物相関図もついています」と、イチ押しでした。

私も読みましたが、モダン・アートの理解には最適の本だと思います。アートトークに参加できなかった皆さん、一度、手にとってみてはいかかがですか。 Ron.

豊田市美術館のリニューアルオープン

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

豊田市美術館のホームページ(以下「HP」)を開いたら、6月1日(土)にリニューアルオープンするとのことでした。あと2カ月足らずで再開。待ち遠しいですね。

◆リニューアルオープン記念は、全館コレクション展「世界を開くのは誰だ?」 HPによれば、リニューアルオープン記念の「世界を開くのは誰だ?」は、会期が6月1日(土)から6月30日(日)で、内容は “本展は「世界を開く」をキーワードに、この大きな課題に挑む表現の数々を4つのテーマに分けて紹介します。美術館活動の源であるコレクションの中から、選りすぐりの名品をはじめ、新収蔵品もあわせた約100点を全館にて展示します。”と書かれていました。“約100点を全館にて展示”なので、愛知県美術館で開催中の「アイチアートクロニクル1919-2019」とほぼ同じ規模の「全館コレクション展」ということですね。

◆2年間で見た「全館コレクション展」は、いずれも「ハズレなし」 最近の2年間で4つの「全館コレクション展」を見ました。会期の古いものから順に、三重県立美術館「[開館35周年記念]ベスト・オブ・コレクション-美術館の名品」(会期:2017.4.22~6.18、観覧料:一般700円)、「名古屋市美術館開館30周年記念 ベスト セレクション」(会期:2018.10.6~11.25、観覧料:一般700円)、名古屋市博物館「国芳から芳年へ」(会期:2019.2.23~4.7、観覧料:一般1,300円)、愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」(会期:2019.4.2~6.23、観覧料:一般500円)です。 以上4つの展覧会は、いずれも見ごたえのあるものでした。考えてみれば、数多くの収蔵品から、その作品についてよく知っている学芸員が選び抜いた作品を、様々な工夫を凝らして展示した展覧会なのですから「ハズレなし」は当たり前のことです。観覧料もリーズナブルでした。ただ、「国芳から芳年へ」は全国巡回する(広島県立美術館、福岡市美術館の外、2020年度も巡回の予定)こともあって「特別展の料金」でしたが、1,300円の価値は十分にありました。

HPを見る限りでは「世界を開くのは誰だ?」の詳細な内容はわかりませんが、他の美術館・博物館と同じように「ハズレなし」だと期待しています。なお、豊田市美術館では今後「クリムト展」や「あいちトリエンナーレ2019」などが開催されるので、年間パスポート券(3,000円)を購入するのが「お値打ち」な鑑賞法だと思いますよ。

◆最後に  4月9日(火)に、名古屋市美術館で「世界に誇る吉野石膏コレクション 印象派からその先へ-」(以下「本展」)が開幕しました。考えてみると、本展は名古屋市博物館「国芳から芳年へ」の「吉野石膏コレクション版」のようなものですね。本年2月23日にNHK・Eテレで放送された日曜美術館「日本で出会える! 印象派の傑作たち」では、大宮エリーが訪れた山形美術館で、本展のチラシ・ポスターに使われているルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》のほか、「全国の美術館からの貸出し依頼№1」のモネ《サン=ジェルマンの森の中で》などが紹介されていたので、「どうかな?」と期待半分で出かけたところ。本展も「ハズレなしの展覧会」でした。おすすめです。見逃せませんよ。          Ron.

「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」展

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

 11月28日付の日本経済新聞文化欄に宮川匡司編集委員による美術展の記事とカラフルな図版2点が掲載されていました。見出しは「多彩で繊細な抽象表現の冒険」、以下は記事の抜粋です。

4年前に64歳で急逝した辰野登恵子は、1980年代以降、豊麗な色彩と力強い形態の抽象表現で、現代絵画のトップランナーとして活躍した画家である。さいたま市の埼玉県立近代美術館で開催中の「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」展は、主に紙に描いた作品を数多く集め、代表的な油彩画約30点と合わせて年代順に紹介した回顧展だ。(略)抽象の領域で、画家がいかに多彩で繊細な冒険を積み重ねてきたのか。その道筋を克明に見つめた展示である。2019年1月20日まで。名古屋市美術館に巡回。(注:70年代から2000年代以降までの作品の変遷を記した部分はスペースの関係で省略しました)

埼玉県立近代美術館のホームページを開くと展覧会の概要と出品作品の図版がアップされていました。記事に書かれた「紙に描いた作品」とは版画やドローイングで、約200点が出品されているようです。
名古屋市美術館での会期は2019年2月16日から3月31日まで。今から楽しみですね。
追伸
埼玉県立近代美術館のホームページにアップされていた動画「椅子の美術館」を見たら、アルヴァ・アアルト《パイミオチェア》が出てきました。「アルヴァ・アアルト展」にも縁があるようです。
Ron.