夏のおススメお出かけ先

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

この夏「北アルプス国際芸術祭」というのが信濃大町で6月4日から7月30日まで開かれています。

 長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市は、3,000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、古くは「塩の道」千国街道(ちくにかいどう)の宿場町として栄えました。
 人口は約28,000人、北の五竜岳から南の槍ヶ岳頂上までを収める市の面積は565㎢、市街地の標高は700m余りの典型的な内陸性の気候で、現在でも北アルプスの山々を映す仁科三湖や、豊富な温泉など自然にも恵まれたこの地域は、北アルプス登山の拠点として、また立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口として、多くの観光客で賑わっています。しかし、近年では 日本創成会議が発表した消滅可能性都市に上がるほど、過疎高齢化も深刻化しています。
 「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」は、総合ディレクターに北川フラム氏を迎え、土地固有の生活文化を表現する「食」と、地域の魅力を再発見する「アート」の力によって、大町市に内在するさまざまな価値を掘り起こし、北アルプス山麓の地域資源を世界に発信することで地域再生のきっかけとなることを目指しています。

詳細はhttp://shinano-omachi.jp/へ

その他、横浜では横浜トリエンナーレ(ヨコハマトリエンナーレ‐2017‐島と星座とガラパゴス)が開催されています。期間は8月4日~11月5日。

横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。
タイトルの[島][星座][ガラパゴス]は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワードです。
いま、世界はグローバル化が急速に進む一方で、紛争や難民・移民の問題、英国のEU離脱、ポピュリズムの台頭などで大きく揺れています。
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」では、「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。
本トリエンナーレでは、アーティストを厳選し、その多くが複数作品を展示することで、小さな個展群が緩やかにつながり、星座あるいは多島海を形作るように展覧会を構成します。また、幅広い分野の専門家が参加する公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」を通して討論を重ねます。視覚と対話の両面から深くテーマを掘り下げ、「議論」や「共有・共生」の機会となることを目指します。
先行きの見えない複雑な時代に、人間の勇気と想像力や創造力がどのような可能性を拓くことができるのか。 多くの人々とともに考え、開国、開港の地・横浜から新たな視点を発信します。

京都市美術館のこと ― 大エルミタージュ美術館展によせて

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

 5月21日に協力会の美術館見学ツアーに参加して兵庫県立美術館に行ったところ、「大エルミタージュ美術館展」(10/3~翌1/14)のポスターが貼ってあったのですが、何か違和感があります。しばらくして「会場が京都市美術館じゃない」のが、その原因だと気付きました。
 名古屋市美術館が工事中のため、今年の「大エルミタージュ美術館展」の会場は愛知県美術館(7/1~9/18)になりましたが、京都市美術館にも同じ事情があったのです。
 ネットで検索すると、2017.4.13 付「産経WEST」の記事がヒットしました。要約すると、以下の通りです。

 京都市美術館は、昭和天皇の即位の大典を記念して「大礼記念京都美術館」と名付けられた、日本で2番目に古い大規模公立美術館。昭和6年に着工、8年に完成した。
 それから80余年が経過し、老朽化や空調設備の不調もあり、再整備することが決定。京都市では、本館の外観はそのままに内装を全面的に改修することで、耐震性能の向上や空調・照明設備の全面的更新などを行い、抜本的な展示機能の強化を図る。
 本館は4月9日ですべての展示を終えており、平成31年度のリニューアルオープンまで3年間閉館する。
 概算工事費は約100億円で、その半分を賄うために命名権のパートナー企業を募集。京セラが契約先に決まり、京都市美術館の総称はリニューアルオープンから50年間、「京都市京セラ美術館」となる。

 「平成31年度リニューアルオープン」ということは、改元の年度が再スタートという訳で、とても分かりやすい区切りです。
 京都市美術館のHPを見ると、計画では本館の北中庭にガラス屋根を設けて、新たな展示スペースにするほか、収蔵庫や現代アートの展示室を備えた新館も建設するようです。聞いたところでは、リニューアル後は常設展示も行うため常設展のコンセプトを企画するスタッフを迎え入れたとのこと。どんな常設展が登場するのか、3年後が楽しみですね。
Ron.

「巨大アートビジネスの裏側」 誰がムンクの「叫び」を96億円で落札したのか

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

サブタイトルの「96億円」が気になって、この本を手にしました。「マネーがらみ」の話だけかと思ったら、美術鑑賞のヒントになる話もあります。なお、著者は「財界総理」といわれた石坂泰三の孫で、2005年から2014年までサザビーズジャパン代表取締役社長だった人です。
オークションでの駆け引き・買い手の正体
この本の冒頭は、2012年5月2日午後7時半過ぎに、ニューヨークのサザビーズ本社にあるオークションルームにムンクの「叫び」が登場し、1億700万ドル(手数料を加えると1億2千万ドル、1ドル=80円換算で約96億円)で落札されるまでの約12分20秒の緊張感に満ちた駆け引きの描写です。そして、守秘義務のため買手は未公表だが「メディアは著名なヘッジファンド・マネージャーのレオン・ブラックだと報じている。本人は否定も肯定もしていない。」と続きます。
ここで興味深かったのは、「ブラックはニューヨーク近代美術館(MoMA)やメトロポリタン美術館の理事でもある。勲章のない米国では、大使及び著名美術館、オペラ等の理事は最高の名誉だ。」という補足です。美術館のステイタスが高いことに感心しました。
コマーシャルという要素
もう一つ面白いのは、「叫び」が高額になった理由として、歴史的名画、希少性に加えて「コマーシャルな要素」を指摘していることです。著者によれば、コマーシャルとは歴史的名画であるとともに、万人受けし、華やかな作品であることを指します。絵ハガキから、空気で膨らませるパンチバッグまで、世界中でさまざまに商品化され、美術に興味のない人でも知っていることが高額になった理由の一つだというのです。確かに展覧会の宣伝でも決め手は、「コマーシャルな要素」をもった作品ですね。
海外の再評価で高騰した具体美術協会
日本の現代美術に関しては、1994年にニューヨークの倉庫でグルグル巻きになって放置されていた草間彌生のキャンバスを発見し、それを1995年に静岡県立美術館に2400万円で売却。その後、草間彌生に感謝されたという手柄話も面白いのですが、それ以上に興味を引いたのが、1954年に関西で結成され、1972年まで続いた具体美術協会の作家たちの作品の価格が急騰した話です。
「海外で「グタイ」と呼ばれる彼らの作品に火がついたのは2013年。きっかけは、ニューヨークを代表する MoMA、グッゲンハイム美術館での立て続けの展覧会で、ともに北米の美術館で初の本格的な具体展となった。これらの展覧会が話題となり、過小評価されていた日本の現代美術に光が当たり、白髪一雄の「激動する赤」(1969年)が2014年6月のサザビーズ・パリのオークションで、390万ユーロ(約5億4590万円)で落札されるまでになった。」というのです。
ここで注目すべきは「マーケティングの過程では、米国の美術館の学芸員の眼力、行動力、及びそれを支える理事の美術に対する理解、資金力に感心した。(略)シカゴの著名美術館が白髪作品を探しているという。早速アプローチすると、既に米国の画廊から4億~5億円でミュージアムピースを購入していたことが判明する。感心するのは、この美術館の著名学芸員が数年前まで白髪の存在も知らなかったものの、作品の持つ力に感銘を受け、理事から寄付の約束も取り付けて買いに至るその過程だ。日本の美術館だったら、このようなことはまず不可能だろう。」という一節です。一学芸員が、自分の眼力で数億円の作品を収集できるという現実にびっくりしました。
このほかにも、「価格体系を変えた中華圏の台頭」など、一般的な美術の解説書とは違う視点による、興味深い記事が並んでいます。                       Ron.

石坂泰章(いしざか やすあき:1956年 東京都生まれ (株)AKI ISHIZAKA 代表取締役社長)著 文春新書1079 (本体830円+税)

「黄金のアデーレ」 名画の帰還 (Woman in Gold)

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

 以前から気になっていた映画を観に行きました。
クリムトの「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」(通称:「黄金のアデーレ」)にまつわる映画で、冬休みということもあり、映画館はかなり混み合っていました。

 どなたでも、名古屋市美の展覧会に限らず、展示会場のキャプションに「個人蔵」と書かれた作品を観た覚えがあると思います。そして、どんな人が、どんな部屋にこれを飾っているのだろう、と思ったことがあると思います。そもそも作品は誰のために制作されるのでしょう。そんなことを考えさせられた映画でした。

 この映画は、ウィーンの美術館が所蔵する名画(「黄金のアデーレ」)と、ある家族の所有権にまつわる事実に基づいた物語です。ネタバレするので詳細は伏せますが、観る前に結末だけは知っていました。その上で観ても、やはりその結末には驚かされます。単なるハッピーエンドでは済ませられない、複雑なものを強く感じました。作品とモデルとその家族について。家族が暮らす社会やその歴史について。美術館に作品があるといことについて・・・。

 しばらくは、美術館で作品を見るたびにこの映画のことを思い出しそうです。
「この作品のモデルはどんな性格の人だろう」とか、「この作品はどんな国で描かれたのだろう」とか、「この作品は何処からきて、何処へ行くのだろう」とか。展覧会の図録などで見知った著名な作品でも、歴史というフィルタを通すとその印象が一変するという好例でした。
杉山 博之

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト