百舌鳥・古市(もずふるいち)古墳群のこと

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

 2019年7月6日に、仁徳天皇陵古墳(大山古墳・堺市)を含む49基の古墳で構成される、大阪府の百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録されました。協力会・秋のツアー(2015.10.31~11.1)に参加した時、堺市役所に百舌鳥・古市古墳群の世界遺産指定を目指すキャンペーンが掲示されていたのを思い出し、他人事とは思えない気持ちで新聞記事を読みました。当時のメモと昨日・今日の新聞記事を照らし合わせながら、百舌鳥・古市古墳群について少し書いてみます。

 秋のツアーでは11月1日(日)午前に堺市の大仙(だいせん)公園内にある堺市博物館、仁徳天皇陵と堺市役所21階展望フロアを見て回り、仁徳天皇陵の見学からはNPO法人堺観光コンベンション協会のガイドボランティア・川上浩さん(以下「川上さん」)が案内してくれました。後で知ったことですが、川上さんはNPO法人堺観光コンベンション協会の理事長。知識豊富で、熱心にガイドしてくれた理由がよく分かりました。

  川上さんの話では、昭和30年(1955年)、私有地であった堺市の「いたすけ古墳」が住宅開発のために古墳がつぶされそうになったが、堺市は資金難で買い取りが難しかったため、市民のナショナルトラスト運動によって保存された。そして、その時に出土した衝角付冑型埴輪(しょうかくつきかぶとがたはにわ:堺市博物館所蔵)が、現在、堺市の文化財保護のシンボルマークになっている、とのことでした。2019.7.7付け日本経済新聞(朝刊)の社会面、竹内義治編集委員の署名記事も「いたすけ古墳」の話を取り上げています。

(略)世界遺産に登録された古墳の一つ、堺市のいたすけ古墳の周濠(しゅうごう)にコンクリート橋が朽ちた姿をさらしている。1955年、土砂採取のため墳丘を壊そうと架けられた。市民や研究者が反対の声を上げたことで開発計画は中止され、国史跡となって保存された。橋は市民による文化財保存運動の証人とされている。(略)

 川上さんは「仁徳天皇陵の南の履中(りちゅう)天皇陵(仁徳天皇の長男の墓)の方が古い形式の墳墓であるため、どちらが仁徳天皇陵か争いがある」とも話していました。このことについて上記の記事は、次のように書いています。

(略)心配もある。構成資産名として「仁徳天皇陵古墳」など宮内庁による陵墓名だけを表記している点だ。学術的には被葬者が未確定である実情が誤解されかねない。「大山古墳」など学術的な遺跡名を併せて紹介し、丁寧に説明する必要がある。(略)

 また、ツアー当日は観光客をはるかに上回る人数の清掃ボランティア「仁徳陵守り隊」が活動していたのが印象的でした。上記の記事は、この清掃活動について「2018年度、百舌鳥・古市古墳群の陵墓を所管する古市監区では延べ約1400人が清掃など勤労奉仕活動に参加した」と、書いています。

 なお、仁徳天皇陵の遥拝所からみると「巨大な墳墓」であることは実感できますが、全体の姿は分かりません。ツアーでは堺市役所21階展望フロア(高さ約80メートル)まで移動して、仁徳天皇陵を見学しました。しかし、川上さんからは「残念ですが、300メートル以上の上空でないと仁徳天皇陵の全貌を見ることはできません」との言葉。これについて2019.7.8付け日本経済新聞(朝刊)に、こんな記事があります。

(略)堺市博物館(同市堺区)を運営する堺観光コンベンション協会の担当者は「古墳の巨大さをVRで体感してもらいたい」と話す。2017年から、ドローンで天皇陵などを上空から撮影した映像をVRで楽しめるようにしている。(略)7月下旬にもVR映像視聴のためのゴーグル型機器を2倍の約40台に増やす。(略)上空から古墳群を楽しめるツアーを計画する旅行会社も登場した。阪急交通社(大阪市)はヘリコプターを利用し、堺市の古墳群の上空を周遊するツアーを検討中で、7月下旬にも発売する予定という。

VRゴーグルについては2019.7.8付け中日新聞(朝刊)も紹介しています。また、上記2019.7.8付け日本経済新聞は「登録決定から一夜明けた7日、古墳群を代表する仁徳天皇陵古墳は早くも観光客でにぎわった」とも書いています。「ゆったり見学できる時期のツアーに参加することができて良かった」と思いました。

Ron.

気になる展覧会

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

 2019年も半ばを過ぎてしまいましたね。今後、名古屋周辺で開催予定の美術展の中から「気になる展覧会」を会期の近いものから順番に書いてみました。

◆キスリング展 エコール・ド・パリの夢  岡崎市美術博物館 2019.7.27~9.16  2019年6月23日放送のNHK・Eテレ「日曜美術館」アートシーンで、東京都庭園美術館で開催中の展覧会(7月7日まで)を紹介していました。2007年以来、12年ぶりに開催される個展とのことです。キスリングといえば、名古屋市美術館所蔵の《マルセル・シャンタルの肖像》が頭に浮かびますが、東京都庭園美術館のホームページ(注1)のイチ押しはフランスの女性小説家コレットの娘を描いた《ベル=ガズー(コレット・ド・ジュヴネル)》で、静物画も出品されるようです。滞米時代の作品を含む約60点の作品が出品されるので、見逃せませんよ。

注1 キスリング展のURL=https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/

◆空間に線を引く 彫刻とデッサン展  碧南市藤井達吉現代美術館 2019.8.10~9.23 2019年6月30日放送のNHK・Eテレ「日曜美術館」アートシーンで、足利市立美術館で開催中の展覧会(7月28日まで)を紹介していました。足利市立美術館のホームページ(注2)には、「彫刻家は(略)描くことがすなわち触れることであり(略)画家のデッサンにはない様々な要素が見出せる」と書いてあります。アートシーンでは柳原義達、青木野枝、大森博之のデッサンと彫刻を紹介していましたが、読売新聞のベテランアート記者・高野清見氏のコラム【きよみのつぶやき】第16回(注3)では舟越直木(1953-2017:舟越保武の三男)の作品紹介にページを割いています。【きよみのつぶやき】第16回によれば、本展を企画したのは「リアル(写実)のゆくえ展」(2017年)等を手がけてきたベテラン学芸員のコンビとのことです。「リアルのゆくえ展」はとても面白かったので、本展も大いに期待できると思います。

注2 足利市立美術館・彫刻とデッサン展のURL=http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/

注3 【きよみのつぶやき】第16回のURL =https://artexhibition.jp/topics/features/20190604-AEJ83154/

◆シャルル=フランソワ・ドービニー展  三重県立美術館 2019.9.10~11.4  

これは、協力会・2018秋のツアーのトークで名古屋市美術館の保崎学芸係長(以下「保崎さん」)が「お勧めの展覧会」として紹介していたものです。保崎さんが紹介したのは山梨県立美術館で開催中の展覧会でしたが、本年9月に三重県立美術館へ巡回してきます。  

巡回先のひとつ・東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(本展は6月30日終了)のホームページ(注4)によればドービニーの作品約60点の外、コロー、クールベなどドービニー周辺の画家たちの作品約20点も出品されるとのことです。ホームページには作品リストの外、約6分の動画もアップされていますので、一見の価値があります。  

なお、【きよみのつぶやき】第6回(注5)は「ゴッホが敬愛した画家」と副題をつけて本展を紹介しています。山梨県立美術館での展示風景画像もありますよ。

注4 ホームページのURL=https://www.sjnk-museum.org/program/current/5750.html

注5 【きよみのつぶやき】第6回のURL https://artexhibition.jp/topics/features/20181203-AEJ51978/

Ron.