六本木アートナイト2019(その1)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 六本木アートナイト2019に行ってきた。 池袋モンパルナス回遊美術館を見た後、メトロで六本木へ向かう途中、地震があったらしい。幸い大きな被害はなく、ダイヤの遅延などもなさそうだった。

案内図

パフォーマンスは夕方からのものが多いので、周辺の美術作品から見ていくことにした。今回のメインプログラム・アーティストはチェ・ジョンファ。六本木ヒルズの居住棟にも常設作品があるそうだ。十和田市現代美術館のフラワー・ホースが有名だ。

チェ・ジョンファ 《ライフ・ライフ》

無数のカラフルで細長いゴム風船を取り付けた大きなかごのような作品。 時々、「パーン」と風船のはじける音がする。周辺のカフェでは、屋外に出したテーブルを囲んで、歓談しているお客さんが多い。映画のロケの一コマみたいだった。

チェ・ジョンファ 《みんなで集めよう》

カラフルで大小様々なプラスチック容器を、塔のように縦に積み上げた作品。 とても軽やかに見え、新国立美術館の重量感のあるガラス曲面との対比が面白かった。この作品は触ってもいいそうで、子供たちが思い思いに遊んでいた。

ラピロス前

周辺には所々、このような提灯が飾り付けられ、お祭りの雰囲気を醸し出していた。特製うちわや特製タオルのようなものを持った人もいて、野球ファンかサッカーファンの集まりのように、独特の熱気がうかがえた。

(その2)へ

杉山 博之 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。