「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」展

カテゴリ:アート・ホット情報 投稿者:editor

 11月28日付の日本経済新聞文化欄に宮川匡司編集委員による美術展の記事とカラフルな図版2点が掲載されていました。見出しは「多彩で繊細な抽象表現の冒険」、以下は記事の抜粋です。

4年前に64歳で急逝した辰野登恵子は、1980年代以降、豊麗な色彩と力強い形態の抽象表現で、現代絵画のトップランナーとして活躍した画家である。さいたま市の埼玉県立近代美術館で開催中の「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」展は、主に紙に描いた作品を数多く集め、代表的な油彩画約30点と合わせて年代順に紹介した回顧展だ。(略)抽象の領域で、画家がいかに多彩で繊細な冒険を積み重ねてきたのか。その道筋を克明に見つめた展示である。2019年1月20日まで。名古屋市美術館に巡回。(注:70年代から2000年代以降までの作品の変遷を記した部分はスペースの関係で省略しました)

埼玉県立近代美術館のホームページを開くと展覧会の概要と出品作品の図版がアップされていました。記事に書かれた「紙に描いた作品」とは版画やドローイングで、約200点が出品されているようです。
名古屋市美術館での会期は2019年2月16日から3月31日まで。今から楽しみですね。
追伸
埼玉県立近代美術館のホームページにアップされていた動画「椅子の美術館」を見たら、アルヴァ・アアルト《パイミオチェア》が出てきました。「アルヴァ・アアルト展」にも縁があるようです。
Ron.

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

会場にて「inferno」 解説してくださった特別主任学芸員の北川智昭さん、ありがとうございます 2018ArtLabTokyoここにもアートラボ 石切り場 前室にて 音のアーキテクチャ トンネルでピクニック 佐川美術館 ギャラリートークの様子 展示会場で話をきく会員たち 泉屋博古館にて まずは講堂でレクチャを聴く会員たち 会長の乾杯の音頭に合わせて、いただきます! 「回生の苗床」 光内惟奈 燃やせないもの