ヨコハマトリエンナーレ2017(その2)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 天気がいいので、横浜美術館から赤レンガ倉庫まで歩いていこうと思っていたが、シャトルバスが空いていたので乗ることにした。やはり、楽ちん。

 赤レンガ倉庫で面白かったのは、小沢剛の「帰ってきたK.T.O」と宇治野宗輝の「プライウッド新地」。「帰ってきたK.T.O」は、昨年、「さいたまトリエンナーレ」で見た「帰ってきたxx」シリーズの新作。「プライウッド新地」はある種の電子楽器かな。大人よりも子供が一生懸命見ていた様子が印象的だった。
もし、これからヨコトリに行く場合、赤レンガ倉庫の滞在時間は多めに予定することをお勧めする。見ごたえのある映像作品が多いので。
プライウッド新地
 この後、赤レンガ倉庫からBankARTに移動するが、そこで「帰ってきたxx」と「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」の意外な接点を知ることになる。
そのレポートは(その3)で。

杉山 博之

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト