ヨコハマトリエンナーレ2017(その2)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:editor

 天気がいいので、横浜美術館から赤レンガ倉庫まで歩いていこうと思っていたが、シャトルバスが空いていたので乗ることにした。やはり、楽ちん。

 赤レンガ倉庫で面白かったのは、小沢剛の「帰ってきたK.T.O」と宇治野宗輝の「プライウッド新地」。「帰ってきたK.T.O」は、昨年、「さいたまトリエンナーレ」で見た「帰ってきたxx」シリーズの新作。「プライウッド新地」はある種の電子楽器かな。大人よりも子供が一生懸命見ていた様子が印象的だった。
もし、これからヨコトリに行く場合、赤レンガ倉庫の滞在時間は多めに予定することをお勧めする。見ごたえのある映像作品が多いので。
プライウッド新地
 この後、赤レンガ倉庫からBankARTに移動するが、そこで「帰ってきたxx」と「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」の意外な接点を知ることになる。
そのレポートは(その3)で。

杉山 博之

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

音のアーキテクチャ トンネルでピクニック 佐川美術館 ギャラリートークの様子 展示会場で話をきく会員たち 泉屋博古館にて まずは講堂でレクチャを聴く会員たち 会長の乾杯の音頭に合わせて、いただきます! 「回生の苗床」 光内惟奈 燃やせないもの 夢見たものは 展示室で解説を受ける会員たち プティパレ まずはエントランスホールでの解説