ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」(その1)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:members

 先日、ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」(以下、ヨコトリ)を見てきた。
今回で6回目となるヨコトリは国内で開催される大規模な現代美術展の代表格であり、とても楽しみにしていた。さて今回はどのような作品に出会えるか?

 メイン会場の横浜美術館入口でヨコハマトリエンナーレサポーター(以下、ハマトリーツ!)の方から今日のイベント情報を教えてもらう。参加できそうなものを検討しながら、ついでにシャトルバスの時刻表もゲット。

 ハマトリーツ!によるギャラリーツアーは予約制で、所要時間は30分。話を聞けるのは入口あたりの数点のみ。ちょっと物足りないなーと会場を歩いていると、子供向けツアーに遭遇。それとなく話を聞いてみると、大人向けツアーより盛りだくさん。

 さて、作品について。

ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない

ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない


美術館会場で印象的だったのはパオラ・ピヴィと川久保ジョイ。
前日、レセプションでパオラ・ピヴィの別バージョンを見たが、美術館会場の作品の方が親密な印象だった。
ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_レセプションにて

ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_レセプションにて

盛況だったレセプションとは対照的に、美術館では他の観客が来る前に、静かに鑑賞できたおかげかも?
川久保ジョイの作品は、うーん、いわく言いがたいけれど、ぜひ実物を見てもらいたい。(現代美術ならでは。一部の作品は触ってもOK)

ヨコトリ_川久保ジョイ

ヨコトリ_川久保ジョイ

 他会場に向かう途中、ベロタクシーに似た車両を見かけた。残念ながら先客がいて、乗車できなかったが、あいちのものより車高が高く、ベロタクシーにもいろいろな車種があるようだ。
杉山 博之

ヨコトリ_ベロタクシー

ヨコトリ_ベロタクシー

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト