「あいちトリエンナーレ2016」ギャラリートーク

カテゴリ:協力会ギャラリートーク 投稿者:editor

「あいちトリエンナーレ2016」の名古屋市美術館協力会員向けギャラリートークに参加しました。先ず、2階講堂で山田学芸課長(以下「山田さん」といいます。)のレクチャー、その後に展示室に移動してのギャラリートークでした。参加者は38名。今回は、下記のように「徒然草」52段の教訓「少しのことにも先達はあらまほしき事なり」を実感いたしました。

Ⅰ 講堂でのレクチャー
◆あいちトリエンナーレ2016のテーマは?
レクチャーは「虹のキャラバンサライ 創造する人間の旅」というテーマの解説からスタート。チラシでテーマを見て「虹色の作品があるのか」と思ったのですが、実は深い意味がありました。山田さんによれば「キャラバンサライとは、砂漠を行く隊商の宿。宿と訳すが、巨大な城砦のようなもの。また、虹は多様性を表し、創造する人間は芸術家。テーマの前半と後半を合わせると、世界中から芸術家を集めて、あいちトリエンナーレで展示するという趣旨になる。作家はざっと30か国から参加。名古屋市美術館では7か国、11作家の作品を展示。」とのことでした。

Ⅱ 展示室にて
 ギャラリートークに参加する前に名古屋市美術館の展示作品は一通り見たのですが、下記の通り「仁和寺にある法師」と同様、「え、そうだったの」ということがいくつもありました。

入口を陣取る岡部さんの力強い作品

入口を陣取る岡部さんの力強い作品


◆岡部昌生《被弾痕のある公益質屋遺構 沖縄 伊江島1929/1945》など
ギャラリートークに参加する前、この作品を見て分かったのは「鉛筆を使った拓本だな」ということだけ。また、3つの作品のうち《公益質屋遺構 貫かれた内部壁面の被弾痕-1 沖縄 伊江島》だけがカラフルである理由が分からず、「なぜ?」と固まってしまいました。
山田さんによれば「太平洋戦争当時、伊江島には滑走路があった。そのため、沖縄戦では伊江島が真っ先に攻撃目標となって徹底的な艦砲射撃を受け、島で残ったのは公益質屋の建物だけ。今回の作品は、公益質屋の外壁と内壁に紙を当てて、上から鉛筆などでこするフロッタージュという技法で描いたもの。建物は二階建てで、展示作品は建物と同サイズ。よく見ると、建物の入口や艦砲射撃で出来た大きな穴がわかる。内壁の上半分がカラフルなのは、差し込んだ日光が壁を照らしていることを表現している。写真や絵ではなく、フロッタージュで描いたのは質感を表現したいから。想像力を働かせて、沖縄戦の遺構を思い描いてほしい。」とのことでした。
家に帰って、当日もらった「キャラバンガイドブック」25ページを見たら、この作品の制作風景が載っていました。無残な姿に変わり果てた建物の周りに足場を組んで描いたのですね。

◆ジョヴァンニ・アンセルモ《星々が1スパン近づくところ》
この作品、ギャラリートークの前に見たはずなのですが、山田さんの解説を聞いて初めて作品があることに気づきました。吹き抜けの上からこちらを見下ろしている人が何人もいた、ということは覚えているのですが、足元の作品はすっかり記憶から抜け落ちていました。
山田さんによれば「作家は、主に質素な素材に文字を刻んだ作品を制作。今回の作品は花崗岩で6つのブロックを制作し、文字を刻んだもの。作家の指示で、6つのブロックを吹き抜けの真下に、南北方向に並べて展示した。ブロックに刻まれた字はイタリア語で、訳すと《星々が1スパン近づくところ》になる。スパンとは古代ギリシアの長さの単位で、手の平を広げたときの親指の先から小指の先までの距離。この作品はブロックの厚さが25センチで、ブロックの上に立つとこの厚み分だけ星が近づく。「作品に触れないで下さい」という注意書きがあるので、作品の上に立つことはできないが、立ったと想像して宇宙の大きさを感じて欲しい。」とのことでした。
今回の展示では、企画展示室1は仕切りが全く無いというだけでなく、吹き抜けの周りの壁も撤去され、天窓からは自然光が降り注ぐようになっており、とても開放感のある空間となっているため、「原っぱの中に立っている」ような気持で作品を鑑賞することが出来ました。

◆頼 志盛(ライ・ヅーシャン)《境界 愛知》
 これは、地下の企画展示室3の空間すべてを使った作品で、ベニヤ板、軽量鉄骨の切れ端やペンキの空き缶などが散乱した床を白い壁が取り囲み、その壁に地上1メートルくらいの高さの狭い通路が取り付けられているというものです。ギャラリートークの前に見たときは、親子連れがその狭い通路を蟹の横這いのように歩いていたのが楽しそうで、その後に着いて歩きました。小学校の遊具みたいだな、という印象でした。
 山田さんによれば「英語の題名は《Border_Aichi》。Borderは境界というよりもフチ(縁)と訳したほうが英語の題名に近いと思う。床に散らばっているのは、この作品の壁や縁を作るのに使った建築資材。作品完成後、廃材となった中から、作家が一つひとつ選んで来て、床に並べたもの。リヨンでは120センチメートルの高さに縁を付けたが、名古屋市美術館では1メートルの高さ。何故か?それは、建築基準法の規定では、高さ1メートルを超える通路には手すりを設置しなければならないから。この作品で手すりを付けたら、全く意味ないよね。」とのこと。
 「参加型の作品」というので、ギャラリートーク参加者は自己責任で縁に上って行きました。上る人数が増えるに従い「40人近く上っても大丈夫か。縁が壊れることはないか。」と、皆が不安になりましたが、「縁は軽量鉄骨で出来ています。作品の壁と展示室の壁面との間には50センチメートルくらいの隙間があって、壁の向こうでしっかり支えているので、縁が落ちることはないです。」と、山田さんが言ってくれて、参加者一同、ほっとした次第です。この時、事務局の中村さんが縁に上がっている参加者の写真を撮影してくれました。

縁に立つ参加者たちーなかなか良い眺め

縁に立つ参加者たちーなかなか良い眺め


 ギャラリートークの前に縁を歩いたときは落ちないようにするだけで精一杯。作品を鑑賞する余裕は全くありませんでしたが、今回は、1メートルの高さから見たときの景色を楽しむことが出来ました。山田さんが「床に降りて、見上げてみても面白い。」というので、床に降りて縁の上にいる人たちを見上げると確かに全く違う景色で、作品を二度楽しめました。
「あいちトリエンナーレ2016では、この作家が一番大きいと感じる。」とは、山田さんの弁ですが、その通りだと思いましたね。
床は宝物でいっぱい(!?)

床は宝物でいっぱい(!?)


◆最後に
 今回のギャラリートークでは「現代美術の鑑賞には、見る側が想像力を働かせることが大事だ」ということを改めて感じました。名古屋市美術館に出品している11作家のうち3作家しか書けませんでしたが、他の作品も面白いですよ。会期は10月23日(日)まで
             Ron.

名古屋市博物館 「世界遺産 ポンペイの壁画展」 ミニツアー

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor
レクチャの様子

レクチャの様子


名古屋市博物館で開催中の「世界遺産 ポンペイの壁画展」(以下「本展」)のミニツアーに参加しました。「皇太子ご一家、ポンペイ展に」(2016.6.8)、「秋篠宮ご夫妻がポンペイ展鑑賞」(2016.6.21)という新聞記事の効果か、参加者は41名と多め。地下一階講堂で約40分間のレクチャーを受けた後は、自由観覧となりました。当日は、1階展示説明室でも「親子で探検!壁画の迷宮で宝探し」に参加した親子がレクチャーを受けていました。
◆講堂にて
 レクチャーでは、「Ⅰ建築と風景」「Ⅱ日常の生活」「Ⅲ神話」「Ⅳ神々と信仰」という本展の各章の見どころとB.C.2世紀からA.D.79年(ヴェスビオ火山が噴火した年)までの壁画様式の変遷について説明があり、鑑賞の助けになりました。その外には「ポンペイではクジャク、フラミンゴ、ヤマネ(山鼠)など、全ての動物を食べていた。」という、古代ローマ人のグルメ(ゲテモノ趣味?)の話も面白かったですね。
◆Ⅰ 建築と風景
 展示室を入って最初の展示は、ローマ劇場の舞台セットを描いた《赤い建築を描いた壁面装飾》。レクチャーでは、「厳密な遠近法ではないが、遠近表現を用いた「だまし絵」のような、第2様式のもの」とのこと。壁画を横から見ると、軽量化を図るためか、パネルで裏打ちした5ミリほどの厚さの漆喰壁でした。レクチャーで「絵のうまさ、丁寧さでは一番」とされた《詩人のタブロー画がある壁面断片》も見もの。装飾的な第3様式のもので、画面左下に描かれた額絵(タブロー)の人物や果実、葉の色の鮮やかさ、細密描写が見事です。
◆Ⅱ 日常の生活
ぶさかわ犬を描いた《犬のシュンクレトゥス》に注目です。犬の右には“SYNCLETVS”と書いてあるそうですが、YやT、最後のSは古い筆記体のようで、どれもY、T、Sとは読めません。また、当時はVが「ウ」で、Uという文字は無かったようです。《カルミアーノの農園別荘、トリクリニウムの壁画》は三方を壁画で囲まれ食堂(トリクリニウム)を再現したもの。レクチャーでは、「食堂にはベッドが置かれ、客はベッドで寝そべりながら食事した。」とのことでした。ずいぶん行儀の悪い食べ方をしたものですね。
◆Ⅲ 神話
 レクチャーでは、「見どころは、第二のポンペイと言われる、エルコラーノ(ポンペイの北の都市)の《ケイロンによるアキレウスの教育》《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》《テセウスのミノタウロス退治》の三作。いずれも巨大で構図が素晴らしい。全て第4様式のもの。第3様式に似た平面的、装飾的な画面の中に、豪華な大理石を模して顔料で描いた第1様式の壁面や第2様式の建築画が混在している。」とのこと。当時は、ギリシア神話をモチーフにした壁画で邸宅を装飾することがステイタスシンボルだったようです。
◆Ⅳ 神々と信仰
レクチャーでは「《有翼のウィクトリア》について、勝利の女神ウィクトリア(ギリシアではニケ)は畏れ敬うと同時に鑑賞の対象。美人画でもあります。また、居酒屋の壁画《フェニックスと2羽のクジャク》には“PHENIX FELIX ET TV”、訳すと“フェニックスは幸せである、あなたもそうでありますように”と書いてあります。私も、同じ言葉を皆さんにお贈りして、今日の解説の結びとします。」とのことでした。会期は9月25日(日)まで。           Ron.
お話してくださった学芸員横尾拓真さん

お話してくださった学芸員横尾拓真さん

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara