ロイヤル・アカデミー展:ミニツアー

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor

今年最初のミニツアーは、愛知県美術館で開催中のロイヤル・アカデミー展です。参加者は34名、先ず12階のアートスペースで小野寺学芸員のレクチャーを聴きました。

鑑賞前、レクチャの様子

鑑賞前、レクチャの様子

○ ロイヤル・アカデミーとは
小野田学芸員によれば、「ロイヤル・アカデミー」は、①展覧会を毎年開催すること、②若手芸術家を育成する学校の運営を目的にして1768年に設立された芸術家協会とのことです。
当時は今のような美術館は無く、描きたい作品を発表・販売できる展覧会を開催し、販売代金を芸術家の収入とすることで、芸術家支援を図ったそうです。また、展覧会入場料で学校の運営費を賄い、授業料は今に至るまで無料とのことです。
ロイヤル・アカデミーの会員になると代表作を1点寄託する義務があり、今回展示しているのは、この「ディプロマ・ワーク」という寄託作品が中心です。
○ 印象に残った作品など
レクチャーの後は自由観覧です。副題に「ターナーからラファエル前派まで」とあるように、18世紀から20世紀初頭までの英国美術を代表する画家の作品がⅠ章からⅣ章まで年代順に並んでおり、学生のデッサンや教育に用いられた書籍も展示しています。
「Ⅰ章 設立:名声への道」では、ターナー「ドルバダーン城」とカンスタブル「水門を通る船」が向かい合わせに展示されています。「ドルバダーン城」は明るい雲を背景にした城のシルエットを谷底の河原から見上げるという雄大、崇高な作品ですが、「水門を通る船」は水平線を画面の真ん中にとった農村風景で、風になびく右手の樹の葉に反射した光の点一つひとつが克明に描かれているという対照的な作品です。両者を対比させるため意図的に向い合せにしたのでしょうね。
「Ⅱ章 国家的地位の確立」では、オリエンタリズムの作品が印象に残りました。グドール「ヌビア人の奴隷の唄」は楽器を演奏する黒人と通りがかりの3人のエジプト女性を、ロバーツ「バールベックの大神殿入口」はレバノンの遺跡を描いています。
「Ⅲ章 名声と繁栄」ですが、コウプ「1875年のロイヤル・アカデミー展出品審査会」は、ご丁寧にも額縁に登場人物のシルエットと名前が記されています。大きな作品で登場人物も多く、思わず見入ってしまいます。何十年も昔に、テレビ番組で日展の審査風景をみたことがありますが、洋の東西を問わず審査風景はよく似ています。
ミレイ「ベラスケスの想い出」は、ベラスケスが描いたのかと思うほど作風が似ていました。ベラスケスへのオマージュでしょう。
Ⅲ章とⅣ章の間にある「アーティスト教育」では、展示している生徒たちのデッサンがモノクロ写真みたいで、技術力の高さに感心します。教材として展示されている書籍=ゴヤの「立派なお手柄!死人を相手に!「戦争の惨禍」第39図を見たら、ニュースで見たイスラム国の凄惨さを思い出しました。
「Ⅳ章 モダンの受容:黙認と妥協」ですが、サージェント「庭の女性たち、トッレガッリ城」は近くで見ると、女性の目鼻立ちも遠くの建物もはっきりしません。
クラウセン「麦畑に立つピンクのドレスの女」も女性の顔は灰色に塗られ、表情はわかりません。夕日の明るさが、やけに際立っています。いずれもⅠ章からⅢ章までの古典的な描き方とはちがっており、印象派の影響が見て取れます。
あまりなじみのない作者の作品が多かったのですが、どれも、しっかり描かれているので見入ってしまって鑑賞に時間がかかり、とても疲れました。
お話してくださった小野田学芸員

お話してくださった小野田学芸員

○ コレクション展から
ロイヤル・アカデミー展と同時開催のコレクション展(常設展)も見ました。
展示室4 グロテスク・モデルヌ
キャプションには「アカデミックな美とは異なる、さまざまな「グロテスク」なるものの芸術的力をご覧ください。」とありました。
中村正義の「おねえちゃん」を始め、岸田劉生「鯰坊主」、福沢一郎「餓鬼のわるだくみ」など奇怪な絵ばかりですが、親しみを感じます。
展示室7 新収蔵 鬼頭鍋三郎
キャプションには「平成25年度に油彩画15点を新たに収蔵したことを機に、以前から収蔵していた作品と合わせて、最初期から晩年に亘る画業をご紹介します。」とありました。
鬼頭鍋三郎の作品は名古屋市美の常設展でも目にしますが、県美では前室に展示の3点も含め全部で20点を展示しており、壮観でした。前室に展示している新収蔵品は「機銃分隊習作」という題の戦争記録画で、中国戦線で腹這いになって機銃を構える陸軍兵士を描いたものです。そういえば、今年は終戦から70年目、区切りの年ですね。
展示室8 木村定三コレクション めでたきもの
白隠慧鶴「寿老人図」「布袋図」や伊藤若冲「菊に双鶴図」「伏見人形図」などおめでたい絵や工芸品が並んでいます。目の保養になります。家の土産に、ミュージアムショップで売っている「布袋図」のせんべいを買って帰りました。
                            Ron.

ランス美術館・館長 特別講演会のこと

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

当日は余裕を見て12時半に着いたのですが、既に20人ほどの行列が出来ていました。午後1時の開場と同時に整理券を手に入れて場所取り。講演が始まる頃になると満席で立ち見もチラホラ。PRはチラシとホームページの告知だけのはずですから、皆さんの関心の高さを感じます。
深谷副館長から「名古屋市美術館では2016年春にランス美術のコレクションを中心に藤田嗣治の大回顧展を予定しています。本日はランス美術館のダヴィッド・リオ館長をお招きし、ランス美術館の歴史と日本・藤田との関係について語っていただきます。」と紹介があり、特別講演会が始まりました。特別講演会の要旨は、以下のとおりです。

ランス美術館と日本との関係
ランス美術館の所在地はパリの東、シャンパーニュ地方のReims。シャンパンの醸造が主要産業。(ちなみに、ルーブル美術館ランス分館はパリの北、Lens。全く別の場所)
ランス美術館は、幕末のころ日本に渡航し、横浜の元町で船用飲料水やレンガ製造で財を成したランス出身のアルフレッド・ジェラールから寄贈されたコレクションをもとに設立したとのことです。彼のコレクションには日本美術が800点余含まれ、お墓には鳥居が建てられるなど、彼は日本美術をこよなく愛好した人だそうです。
また、ランス出身のヒューグ・クラフトは親の遺産で世界一周をしたとき、日本に7か月も滞在し各地を旅行しています。彼は日本画も習って「横浜サヨナラ」という画集を残したほか、名古屋城やミヤ(熱田神宮?)を撮影するなど多数の写真を残しており、ランス美術館には彼の写真が400枚ほどあるとのことで、ランスは日本と深いつながりがある街なのですね。

ジャポニスムについて
モネの初期の作品は北斎の影響の下に描かれたもので、ナビ派にも浮世絵の影響があります。前出のヒューグ・クラフトも、帰国後、日本から大工・庭師を呼んでパリ郊外に日本式庭園を持った家「緑の里」を作り、着物を着て記念撮影しています。
幕末に日本が開国したとき一気に美術品、工芸品が海外に流出し、人々がその繊細さ美しさに惹かれてジャポニスムが生まれました。セザンヌのサンヴィクトワール山も富岳三十六景に触発されたものです。
ジャポニスムを語る上で、1900年は大事な年です。この年に開催されたパリ万博から、アール・ヌーボーが生まれました。エミール・ガレはジャポニスムに影響を受け、自然や植物を家具の装飾に取り入れ、寄木細工でブドウの図柄を描いたのです。
ランス市役所は第1次世界大戦で大きな被害を受け、内装を作り直す際にアール・デコの様式を取り入れています。ランス市役所のフレスコ画はアンリ・ラパンが描きましたが、彼の仕事は東京都庭園美術館でも見ることができます。

藤田嗣治のこと
 ランス美術館には、藤田嗣治(1886~1968)の遺族から彼のコレクションが寄贈されています。
彼は1913年にフランスに渡り、ピカソのアトリエを訪ね、フランスの社交界に溶け込んだ、とても西欧的な日本人。たちまち、アイドルになって”Fou Fou”(お調子者)と呼ばれました。おかっぱ頭の髪型などユニークなファションで有名でした。
ランス美術館のコレクションには、彼の恋人マドレーヌをモデルにした絵(「ランス美術館のマドンナ」と呼ばれているそうです)があります。彼女はランス近くに生まれたダンサーで、藤田と南北アメリカを旅行し、1930年代に東京で死去しました。彼女を失った後、藤田は君代(1911~2009)と結婚。第2次世界大戦中は従軍画家となり、戦後、フランスに戻りフランス国籍を得て、ランスの大聖堂でカトリックに改宗し、ランスで死去しました。
ランスの大聖堂は歴代フランス国王の戴冠式が行われた場所で、彼はそこに世界から200人のジャーナリストを呼び洗礼を受けました。
ランスは彼の改宗の出発点です。彼はその後の人生を平和に捧げ、ランスに平和の聖母教会礼拝堂を建てました。礼拝堂の壁画も彼が平和への思いを込めて描いたもので、現在、礼拝堂の下には藤田と君代夫人が埋葬されています。
また、近年、藤田の礼拝堂で結婚式を挙げる若い日本人のカップルが増えています。

館長へのQ&Aなど
講演の残り時間で、質問を募ったところ「藤田嗣治の戦争画を展示する考えはあるか」という質問が寄せられました。
ダヴィッド・リオ館長は答え難そうにしていましたが、深谷館長から「藤田嗣治の戦争画は東京国立近代美術館が所蔵しており、2016年の大回顧展でも3~4点展示できるようお願いしている。」という答えがありました。
また、深谷館長からは「現在、藤田嗣治を描いた映画が製作中で、年内公開の予定です。監督は「泥の河」「死の棘」などを制作した小栗康平監督。主演はオダギリジョーと中谷美紀です。楽しみにしていてください。」と話がありました。

追記
2月9日の日経新聞(夕刊)の文化面に「藤田嗣治の人生 光と影で描く」というタイトルで映画「FOUJITA」(フジタ)についての記事が掲載され、その中に次の文章がありました。
1943年、青森での戦争画展に「アッツ島玉砕」を出品した藤田(オダギリジョー)が゙画家仲間の但馬と共に上野に帰る車中だ。(略)オダギリは語りだす(略)「技術がないと描けません。今回は命がけの腕試しだったのです」「でもあれは会心の作です。画が人の心を動かすものだと言うことを、私は初めて目の当たりにした」
休憩時間に小栗に話を聞いた。「藤田はヤワな近代主義者ではない。ヨーロッパ仕込みの個人主義、現実主義。それは戦争協力画を描いている時もびくともしなかった」と小栗。日本の体制に付和雷同したのではなく「現実的に生きる絵描きが、絵画の問題だけを考えて描いた」と見る。

小栗監督も日経の記者も藤田の戦争画に強い関心を抱いており、作家としての藤田を肯定的に見ようとしているように感じます。たしかに、戦争画を抜きに藤田嗣治の大回顧展を開催することはできませんね。ただ、70年以上も前のことであり、子どもたちも鑑賞するので、展示に際しては、描かれた当時の時代背景についても理解できるようにすることが必要だと思います。
 ちなみに、東京国立近代美術館は藤田嗣治の戦争記録画を14点所蔵しており、同館のホームページをみると、現在開催中の平成26年度第4回所蔵作品展「MOMATコレクション」でも藤田嗣治の「ハルハ河畔之戦闘」「アッツ島玉砕」「サイパン島同胞臣節を全うす」を展示しています。
なお、収蔵経緯の欄には「無期限貸与」と書かれていました。
                            Ron.

藤田令伊(ふじた れい)著 「アート鑑賞、超入門!」

カテゴリ:Ron.,アート見てある記 投稿者:editor

協力会の行事に参加すると、「アート鑑賞のヒント」が得られます
名古屋市美術館協力会に入会してよかったと思うことは「アートを見る」ためのノウハウを学べることですね。ギャラリー・トークやアートツアー、ミニツアー等の行事に参加すると「アート鑑賞の達人」がいるので、その背中を見て「アート鑑賞のヒント」をつかんでいます。これも協力会の行事に参加する楽しみのひとつです。

ようやく「アート鑑賞」の本が見つかりました
ただ、残念なのは、協力会の行事を通してつかんだノウハウを整理するために適当な本はないかと探しても、美術史や作家の解説は山ほどあるのに肝腎の「アート鑑賞」の本が見つからないことです。
こんな現状を嘆いていたところ、先日、新聞広告で「アート鑑賞、超入門!」という本を見つけました。集英社新書の1月新刊です。読んでみたら、これこそ探していた本でした。Bingo!

アート鑑賞の基本は、「よく見る」「私が見る」
本の副題は「7つの視点」となっており、第1章から第7章を使って「7つの視点」を述べ、終章でまとめるという構成です。そのうち「第1章 よく見る」「第2章 私が見る」で述べているのが「アートを見ること」の基本です。
また、この本では「7つの視点」に加えて20項目の<アート鑑賞を深めるためのヒント>を述べています。例えば「第2章 私が見る」で述べているヒント⑤<「エア買いつけ」の視線で作品を見る>の要旨は「作品を見る際、自分が買いつけるつもりで見ると見え方が全く違ってくる」というものです。
協力会のアートツアーに参加したとき、名古屋市美術館の山田係長が「展示してある作品の中で1枚だけもらえるとしたら、どの作品にするか考えながら鑑賞すると見方が変わりますよ。」とアドバイスをくれました。山田係長は、著者と同じことを言っていたのですね。

知識とどうつき合うか
次に、第3章から第7章までが各論です。例えば「第5章 知って見る、知らないで見る」で述べているヒント⑬<知識は「部下」と心得る>は、こんな内容です。
事前に知識を持つと、それが先入観となってありのままの心で見ることができなくなったり、知識を得ること自体が自己目的化して、知識を得たことで満足してしまうなどの弊害がある。しかし、作品にまつわる事情を知ることで、何も知らなかった時には感じられなかった感慨を覚えることができることも事実。ポイントは「知識とどうつき合うか」ということ。知識はサポート役だと位置づけている限りにおいて、知識を持つのは決して悪いことではない。

このヒントは、私にも思い当たることがあります。協力会のアートツアーやミニツアーでは、レクチャーで「知識」を吸収した後に鑑賞という流れになることが多いのですが、そこで見た「アート鑑賞の達人」の「知識とのつきあい方」は、まさにヒントのとおりでした。
以上の他にも「なるほど」と思う指摘がいくつもあります。お蔭で「協力会を通してつかんだこと」をハッキリと意識し、頭の中を整理することができました。

アートを見るということ
 終章で著者は、こんなことを書いています。
アート鑑賞は、私たちの主体性を育んでくれます。ほかからの借り物ではない、自分自身のものの見方や考え方を培ってくれるポテンシャルを秘めています。もし、知り合いや友人と展覧会に行ったら、感想を交換してください。周りの人の声に合わせるのではなく、ぜひ「異論」をいってみてください。
  アート鑑賞は、愉しみながら、人間的に成長できる稀有なものといっても過言ではないかもしれません。

 私は協力会を通してアート鑑賞を楽しんでいますが、アート鑑賞の効用は著者の言うとおりだと思います。

協力会の魅力
 この本を読みながら「アート鑑賞は一人でもできるのに、なぜ協力会に入会しているのだろう」と自問してみました。答えは「意見交換できること」そして「変なことをいっても受け入れてくれること」です。相手を尊重し、自分の意見を押し付けようとしないので安心して参加できるのですね。
 みなさん、名古屋市美術館協力会に入会すると、楽しい「アート鑑賞」ができますよ。

本のお値段
 最後になりましたが、この本の本体価格は720円です。
                            Ron.

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara