だまし絵Ⅱ ギャラリートーク

カテゴリ:Ron.,協力会ギャラリートーク 投稿者:director
講堂に集合した会員たち

講堂に集合した会員たち

新春初のギャラリートークは「だまし絵Ⅱ」です。
当日は入場者が3,895人もあり閉館時刻を過ぎても館内に人が居たので、講堂で短いレクチャーを受けてから展示室に入ることになりました。担当の保崎裕徳学芸員によれば「前回(2009年)のテーマは、だまし絵400年の歴史。今回のテーマは、20世紀になって「だまし絵」がどのように進化したのか。」とのことです。

アルチンボルドの作品を前に

アルチンボルドの作品を前に

レクチャーが終わって、参加者52名が展示室に移動。通常の展覧会とは違い入口は2階です。
プロローグは古典的なだまし絵の展示で、最初の展示はアルチンボルドの「司書」。チラシに印刷されていた絵です。目は鍵、ひげはハタキ。本と人物のダブルイメージです。

第1章 トロンブルイユ(だまし絵)からは、20世紀の作品になります。杉本博司の「Polar Bear」は福岡伸一が日経新聞の連載「芸術と科学のあいだ」で取り上げていました。福田美蘭の「Copyright原画」は、一見ディズニーのキャラクターなのですが、著作権に抵触しないようキャラクターが隠されているという作品です。須田悦弘の「雑草」「葉」は見落としそうなところに展示されていました。

福田美蘭さんの作品に見入る会員たち

福田美蘭さんの作品に見入る会員たち


第2章 シャドウ、シルエット&ミラー・イメージは、鏡を使った20世紀の技法。福田繁雄の「アンダーグラウンド・ピアノ」は、現実の世界の破片の寄せ集めが、鏡の中ではちゃんとしたピアノになっています。ダニエル・ローズィンの「木の鏡」は、その前に人が立って動作をすると、いくつもの木片でできたパネルに影が出現し、カタカタと音を立てて動作を真似るという楽しい作品です。

第3章 オプ・イリュージョンは錯覚を楽しむもので、パトリック・ヒューズの「広重とヒューズ」は、前に立って体を左右に振ると、絵も左右に動く不思議な作品です。(ただし、仕掛けを見ると魔法が解けてしまいます)アニッシュ・カプーアの「白い闇Ⅸ」を凝視していると、穴の中が底なしの空間に見えてきます。

第4章 アナモルフォーズ・メタモルフォーズは歪み・変容。ダリの「海辺に出現した顔と果物鉢の幻影」に隠されたイメージを探していると、いつまでたっても絵の前から離れることができません。エヴァン・ペニーの「引き伸ばされた女#2」は高さ3メートルの作品で大きさにびっくりします。トニー・アウズラーの「ピンク」は人間の目と口を持ったカエルが様々な表情をします。とても気味が悪いけど、思わず見入ってしまうキモかわいい作品です。

地下1階の常設展示室3ではハンス・オプ・デ・ベークの「ステージング・サイレンス(2)」を上映しています。風景が次々に変わり、やがて角砂糖の摩天楼が出現するのですが、最後はどうなるでしょうか?美術館で確かめてください。
理屈ぬきで楽しめる展覧会です。お勧めします。 
Ron.

解説してくださった保崎裕徳学芸員

解説してくださった保崎裕徳学芸員

ボギー的、美術鑑賞法 その5

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

新年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 今年の初美術館は、1月2日に名古屋ボストン美術館で「華麗なるジャポニスム展」で、福袋を買いに行った帰りに観に行った。もう一度、手ぶらの時にゆっくり観ようと思う。

 今回紹介したいのは、2月8日まで豊橋市美術博物館で開催されている、「小松コレクション 中村正義展」だ。中村正義(1924~1977)については説明不要だろう。名古屋市美術館でも展覧会が行われているし、昨年の「挑戦する日本画展」でも作品を観た人も多いはずだ。豊橋で開催されている展覧会は、中村正義フアンには必見の展覧会である。

 この展覧会の特徴は、コレクターである福島県の故・小松三郎氏の所蔵の56点を、小松氏の遺族の方の協力を得て、初めて紹介する点にある。小松氏が正義と出会ったのが、正義の没する4年前だったので、晩年の作が多いが、自画像、顔シリーズ、舞妓、裸婦、仏画、薔薇など収集が多岐にわたるので、非常に見応えがある。それに嬉しいことに入場は無料である。

 イベントとしては、正義の娘の中村倫子氏(中村正義の美術館館長)が父の足跡を尋ねる映画「父をめぐる旅」が、1月10日より毎週土曜日の14時から上映される。

 また、私が実際に参加してお勧めなのは、木曜日、土曜日を除く毎日、13時半と14時半に行われる、ボランテイア・トークだ。所要時間およそ30分で、軽快な語り口のボランテイアの方の説明は非常に勉強になった。そして、ガイドツアー終了後にアンケート用紙に記入して受付に持っていくと、何と中村正義の絵葉書が1枚もらえるのだ。私は1月4日の13時半と14時半の2回に参加して2枚をゲット。200円で販売しているパンフレット(これもお勧め)を購入したところ、さらにもう1枚絵葉書をゲット。計3枚の戦利品?だ。

 名古屋からだと豊橋は遠いかもしれないが、内容が充実しているし、個人コレクター所蔵の作品で、次に観られるのがいつかわからないので、この機会にぜひ観ていただきたい展覧会だ。名鉄もしくはJRで豊橋に行き、市電の豊橋公園で下車して、徒歩5,6分なのでアクセスは良い。東海地方で市電があるのは、豊橋だけなので、その日だけ乗り鉄になるのも悪くない。

 ボギー鈴木(豊橋市美術博物館友の会会員)

ボギー的、美術鑑賞法 その4

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

 今年、最後の投稿。2014年の名古屋市美術館の展覧会は、現代美術あり、日本画あり、ないのは西洋画だけだと思っていたら、来年に「だまし絵 Ⅱ」がある。バランスの取れたラインナップだ。「だまし絵 Ⅱ」はヒットするだろう。兵庫会場では、同時期に開催されていた、とんねるずの木梨憲武さんの個展より、たくさんの人が並んでいた。また、名古屋会場での展示の順番に注目している。エヴァン・ペニーの「引き伸ばされた女 #2」という作品があるが、東京会場では最初のほうに、兵庫会場では。終わりのほうに展示してあったと記憶している。インパクトのある作品なので、展示の順番で、展覧会の印象そのものが違うように感じたものである。はたして名古屋会場では、どの位置に展示されるのか、今から待ち遠しい。

 ここからは私事になるが、毎年、展覧会を観る以外に美術に関する目標を定めている。2014年の目標は、一つは某美術館のボランテイアガイドに採用されること、もう一つは美術検定1級に合格することだった。残念ながら二つとも達成されなかったが、2015年は、名古屋市美術館もボランテイアガイドを募集するみたいなので挑戦してみたいと思う。また、あいちトリエンナーレ2016の作品ガイドボランテイアまたやりたいと思っている。もちろん美術検定1級もリベンジしたい。

 さて、名古屋市美術館協力会の2015年の最初の行事は1月11日の「だまし絵 Ⅱ」のギャラリートークから始まる。また会員の皆さんと会えるのを楽しみにしている。協力会の会員の皆さん、よいお年お迎えください。そして名古屋市美術館で、お会いしましょう。

ボギー鈴木(会員歴?)

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara