小磯良平展ミニツアー

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor

稲沢市の荻須記念美術館で開催されている「小磯良平展」へのミニツアーに参加しました。参加者は18名。午後2時から美術館入口ポーチ付近で山田館長のレクチャーを受けた後は、自由行動です。室外でのレクチャーでしたが、半袖で来た人もいる程に天候に恵まれ、気持ちよく聞くことが出来ました。感想などは、以下のとおりです。

2014_小磯良平展ミニツアー

2014_小磯良平展ミニツアー

◆小磯良平と荻須高徳の関係を知りました
 山田館長によれば、小磯良平は荻須記念美術館の名前の由来である荻須高徳とは東京美術学校(現在の東京藝術大学)の同級生で、共に藤島武二の下で洋画を学び、エコール・ド・パリの頃、同時期にフランスに渡った仲。荻須高徳は風景画、小磯良平は女性像と描くものは違いますが、どちらも、当時の画家のなかではエリートであり、同世代の画家のトップランナーとして創作に励んだという点で共通するものがあるとのことでした。

◆絵の雰囲気に合った展示室です
美術館の入口から進むと、左手が「小磯良平展」の展示室、右手が常設展示室です。「小磯良平展」の展示室に入ると、床が絨毯張りで足音が響かないので、とても静かです。そんなに広い展示室ではありませんが、42点という作品数にはちょうど良いサイズで、絵が身近に感じられます。
若い時の絵も上手く「首席で卒業」も納得できます。小磯良平は単に「うまい」だけではなく、見ていると心が安らぎます。

◆常設展で荻須高徳の絵も見ました
大規模な美術館だと特別展で時間と体力を使い果たして、常設展はスルーということもありますが、今回は常設展と特別展の規模がほぼ同じで、「二人展」という感じです。常設展はパリやフィレンツェなどの風景画が中心です。展示室の中央にソファがあるので、座ったままぼんやりと絵を眺めることができます。

◆荻須高徳が使ったアトリエ(復元)も見ものです
美術館中央の通路をまっすぐ進むと渡り廊下があり、渡り廊下の突き当りの左側に、荻須高徳が使ったパリで使っていたアトリエ(復元)があります。建物は移築ではなく同寸に復元したものですが、陳列された用具類は荻須夫人から寄贈されたものです。2階建ての吹き抜けのアトリエで、2階から下を覗くこともできます。ちなみに、神戸市の小磯記念美術館の中庭には小磯良平のアトリエが移築・復元されているそうです。

◆交通アクセスは
 名鉄本線「国府宮駅」から西へ徒歩20分余り。名古屋文理大学の隣です。
                                                      会員 Ron.

まるっと1日 わくわくアート2014

カテゴリ:アート見てある記,ボギー鈴木 投稿者:editor

 晴天の日曜日。10月19日、名古屋市美術館の恒例行事「まるっと1日 わくわくアート2014」に参加してきました。この企画は、名古屋まつりの一日、名古屋市美術館地下の常設展示室を無料公開して、美術館ボランティアと一緒にトークを中心に気軽に作品を楽しむ企画で、私は毎年楽しみにしております。ただ、朝一番で、名古屋城天守閣特別展「天下人への道-信長、秀吉、家康の合戦-」(~11月24日)を観てから名古屋市美術館に行ったので、着いたのは10時50分くらいでした。

 今年の目玉の一つがジェームズ・タレルの「テレホンブース」。体験型の作品で、予約制。そのため、昨年、展示されたときには、早々と予約整理券がなくなってしまったほどです。私は、運よく12時の回の予約ができたので、待ち時間を利用して、11時からの建築ツアーに参加しました。建築ツアーとは、名古屋市美術館の建造物としての特長的な場所、部分を、ボランティアガイドと共に、内部から外部にかけて、歩いて回るもので、普段、展示室以外には、あまり行かないので、とても新鮮に感じましたし、担当したガイドのKさん(女性)のさわやかな語り口が、秋晴れの空に響き渡り、とても印象的でした。

 その後、私はジェームズ・タレルの「テレホンブース」を体験してから、一点トークで「セレの風景」/ハイム・スーチンを取り上げた、ガイドのTさん(女性)の解説と、「説教」/フランク・ステラを取り上げたNさん(男性)の解説を聞いてから、愛知県美術館の「ラウル・デュフィ展」の記念講演会に行きました。話が前後しますが、TさんとNさんは、去年、あいちトリエンナーレのボランテイアガイドで、ご一緒させていただきました。愛知県美術館から戻ると16時。最後の一点トークに参加して、名古屋市美術館を後にしました。

 トリエンナーレのボランテイアガイド仲間の何人かが名古屋市美術館のボランテイアガイドとして活躍しているのに触発されたわけではありませんが、来年、9期生の募集があるみたいなので、秘かに応募してみようかと考えております。なお、協力会の役員の佐々木会長、杉山、三島、竹山理事が2階の展示室出口付近で、協力会の申込書を配布して、会員募集活動をしておられました。ご苦労様でした。

会員 ボギー鈴木

奈良県大芸術祭

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:members
奈良県大芸術祭

奈良県大芸術祭


 芸術の秋を迎えて各地で多彩な催しが開催されています。横浜トリエンナーレ、札幌芸術祭、そして奈良県大芸術祭です。
10月8日(水)東大寺大仏殿中門前でのプロジェクトに参加して来ました。愛知トリエンナーレや豊田市美術館の出展作家の松井紫朗氏の宇宙プロジェクトでした。

 「手に取る宇宙 Message in a Bottle」というプロジェクトで抽選で選ばれた100名限定の参加者が先ずレクチャーを受けて特設のドームの中に入りました。
国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士に依頼しガラスのボトルに密閉して持ち帰った「宇宙」をドームの中で1人ずつさわることが出来ました。

奈良県大芸術祭_手のひらの上の宇宙

奈良県大芸術祭_手のひらの上の宇宙

手のひらの上のガラスのボトルに無限の宇宙を感じる神秘的な時を過ごしました。そのボトルにさわった後、感想をB5の用紙に描き、その場でスキャンしてドームに投影してメッセージは宇宙の彼方に飛んで行きました。
自分の用紙は特製の筒に入れてシールで密閉してお土産に持ち帰りました。皆既月食を見ながらの東大寺でのロマンチックなイベントでした。

奈良県大芸術祭_松井紫朗氏

奈良県大芸術祭_松井紫朗氏

 いつか白川公園で宇宙プロジェクトが開催出来たらと思いました。

松本裕子

ヨコハマトリエンナーレ2014(前編)

カテゴリ:アート見てある記 投稿者:members

 一年前の今頃、名古屋の街は「あいちトリエンナーレ」でにぎやかだった。
名古屋市美術館も藤森氏の《空飛ぶ茶室》や、杉戸氏のカラーメッシュの作品でいつもと違う雰囲気を見せてくれていた。
また、多くのボランティアがトリエンナーレを盛り上げるために活躍していた。

 さて、今回、「あいちトリエンナーレ」のボランティアの有志が企画した「ヨコハマトリエンナーレ2014」見学ツアーに参加した。当日は横浜美術館前に現地集合という、いたっておおらかなツアーで、最寄駅を降りると風が強く、名古屋よりかなり涼しく感じた。

ヨコトリ_美術館前

ヨコトリ_美術館前

 美術館前でメンバーと合流し、美術館に入って、まず驚いたのが巨大な《アート・ビン》。応募すれば誰でも参加できるとか。中には、絵画、彫刻のほか、自転車やサッカーボールも入っている。これもアート?
その他の不思議な作品については、情報誌などでも取り上げられているので省略。全体的に、写真や映像作品の割合が高いように感じた。

 展示室を見終り、今度はヨコハマトリエンナーレサポーター「Hama-Treats!(ハマトリーツ!)」のメンバーと「LOGBOOK」に挑戦。(logbook;航海日誌)
手渡された「LOGBOOK」を手に美術館を出発するも、ヒントの解読ができず、航海途中で時間切れ。近くのショッピングモールを巡る「LOGBOOK」もあるそうで、時間があればお勧め。

 続いて、新港ピアに移動したのだが、汽車道の途中で結婚式に遭遇。とてもにぎやか。
こちらには大型の映像作品が多数出品されていて、とりわけ「福岡アジアトリエンナーレ」から出品されているものが興味深く、あっという間に閉館時間となってしまった。

 閉館後は、奥のカフェで交流会。2次会は「象の鼻テラス」へ。

(後編に続く)

杉山 博之

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara