応挙がすごい!

カテゴリ:ミニツアー 投稿者:editor
作品のイメージを見ながらの解説

作品のイメージを見ながらの解説

 3月17日、この季節にしては異常なほど暖かい晴れた日、名古屋市美術館協力会のメンバー36名が集い、愛知県美術館で開催されている応挙展のミニツアーを開催しました。

 まずは12階のアートスペースに集合して、今回の担当学芸員深山孝彰氏のレクチャを受講。やはり基礎知識となる作家の生い立ちや美術史における立場について説明があり、続いて展覧会に出品されている作品についてお話いただきました。今回の展覧会出品作品は秀逸なものが多く、見応え充分でした。

 日本画としてやはり主流なのは、風景画、美人画、花鳥画といった類ですが、画家として(絵師として?)新しいものに挑戦していった応挙が描いた眼鏡絵や昆虫の写生、波立つ海の上で座禅を組む骸骨やトリックアートのような作品まで、美しさのみでなく新しさに感動できる作品が目白押しでした。

深山学芸員さん、ありがとうございました

深山学芸員さん、ありがとうございました

平成25年度協力会会員継続のご案内

カテゴリ:協力会事務局 投稿者:editor

 日頃は、名古屋市美術館協力会の運営にご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

 現在協力会の会員の皆さまは、平成25年3月31日をもちまして、会員有効期限が終了いたします。引き続き、ご継続いただきますようお願い申し上げます。

<お手続き方法>

○ 郵便振込みの場合    お近くの郵便局で、お振込みください。

○ ご来館の場合       1階総合案内で、総務課を呼び出してください。

 また、平成25年4月30日までに継続手続きをしていただいた方には、もれなくキース・ヴァン・ドンゲン「コルセットの女」のテレホンカードをプレゼントいたします。 
協力会事務局

2017_ジャコメッティ_1 富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara