ギャラリートークに参加、及びあいちトリエンナーレ市美術館展示を観覧して

カテゴリ:協力会ギャラリートーク 投稿者:members

 開催中のあいちトリエンナーレを観ました。日曜でしたので、午前中に愛知県美術館での展示を鑑賞し、夕方になって市美術館でのギャラリートークに参加しました。

正直なところ、私は現代美術に対して先入観を持っていて、『わかりづらい』と敬遠してしまうところがありました(中には本当に美しいと実感できる作品もあるのですよ。ジェームス・タレルの光や窓を使ったインスタレーションなど)しかし、せっかくトリエンナーレでは自分の住んでいるところでこれだけの作家を擁して開催されるし、この日の協力会ギャラリートークでは学芸員の笠木さんが解説をしてくださるということでイベントに参加。1つずつ作品の説明を聞いたり、実際に作品を体験(!)してみたりしてゆっくり廻りました。 【ギャラリートークに参加、及びあいちトリエンナーレ市美術館展示を観覧して】 続きを読む

市美協力会ブログをリニューアル

カテゴリ:協力会事務局 投稿者:editor

あいちトリエンナーレ・ギャラリートーク

カテゴリ:協力会ギャラリートーク 投稿者:editor

9月12日(日)午後5時すぎから、現在開催中のあいちトリエンナーレの協力会ギャラリートークがありました。当日の様子を会場でのスナップでお伝えします。

《もし違うなら、じゃあイエスと言うよ (君は帰るけど、僕は残るよ)》の準備中

《不在との対話》を囲んで

2010秋のツアーで訪れる美術館のちょっとした紹介

カテゴリ:アートツアー 投稿者:editor

山梨県立美術館というと、「何だ、オールド・ネームの古臭い美術館だなあ」と思われるかもしれません。あるいは「昔、バス・ツアーで行ったことあるよ」と言われる方もいるでしょう。でも、一方では、「遠くて、まだ行ったことがない」という方もおそらく多いのではないでしょうか。 今年の秋のツアーのメインに、山梨県立美術館を選んだのは、なぜか巷では知られているようで知られていないミレー館を、協力会の皆さんに見てほしいからです。 【2010秋のツアーで訪れる美術館のちょっとした紹介】 続きを読む

富山県立美術館にて BankART_大霊廟Ⅱ プライウッド新地 ヨコトリ_パオラ・ピヴィ_まだ誰も来ない MOTサテライト 目印はこれ! 河村るみさんをお迎えして 急遽解説してくださった角田学芸員 アルテピナコテーク さいたまトリエンナーレ 交流会にて 240の棺/Arigatou Sayounara 《帰ってきたJ.L.》は扉の向こう アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト